現役エンジニアが理想とするプロジェクト管理システムを開発 『Platinum Project』7月23日提供開始

@Press / 2014年7月17日 11時30分

管理画面
アプリケーション開発を行う株式会社アップス・シーオー(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:上野 安崇)は、2014年7月23日(水)に「オールインワン」のプロジェクト管理システム『Platinum Project』を提供開始いたします。

『Platinum Project』: http://www.platinum-pj.jp


■開発の背景 - 現役エンジニアが理想とするプロジェクト管理システム -
プロジェクト管理システムが一般化し、プロジェクトの開発手法や管理方法は多様化・効率化したにも関わらず、ゼロから立ち上げたプロジェクトの成功確率はわずか30%といわれています。(当社調べ)
こういった失敗により、優秀な人材が現場から去ってしまうことが現代のIT業界が抱える問題のひとつともされています。
当社では、この失敗の原因が「見積りの甘さによる予算不足」「進捗度の不透明さ」「不適切なファイル管理」の3つにあると判断、これらを解決できるプロジェクト管理システムの開発に至りました。

『Platinum Project』の開発にあたり、上記の3つのポイントに加え、現役のエンジニアの立場から考えた“本当に必要な機能”の拡充に注力しました。
従来のプロジェクト管理システムとは異なり、直感的で使い易いだけでなく、“Cool”なデザインにもこだわっています。


■『Platinum Project』3つの特徴
<指標をだすことで、予算策定をより正確に!>
『Platinum Project』では、FP試算による自動計算とリソースヒストグラムによる2視点からの工数算定基準により参考見積を算出します。面倒なFP計算もシステムが自動的に行ってくれるため機能を洗い出すだけで簡単に参考見積を算出することができます。また見積指標を出すことで、自社の見積や外注依頼見積と比較しながら予算策定を行うことが可能です。
『Platinum Project』では、通常のプロジェクト管理ツールには無い「立ち上げのフェーズ」もツールでカバーしております。

<プロジェクトの可視化、コミュニケーション強化>
『Platinum Project』は、各フェーズごとに期間設定を行いゴールを明確にすることができます。開発フェーズに入ると当社オリジナルのプロットチャートを利用することで、当日におけるタスク状態(予定通り[Green]、遅れ[Red])が表示され、瞬時にリカバリプランをたてることが可能です。ガントチャートを使用するケースによくある“遅れがわかった段階では既に取り戻しがきかない”といった問題を未然に防げれます。
またありそうでなかった日報からの進捗をシステムが取込み、自動的にタスクの進捗率をシステムに取込みます。これにより管理者はシステム全体の進捗を確認でき、作業者は自己分析シートにより自分の進捗を細かく分析できるようになり、作業者にも進捗度合を共有することでチーム全体で進捗を意識したプロジェクト管理を行うことができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング