AvePoint、SharePoint インフラ管理プラットフォーム DocAve 6 SP4 を7 月 9 日より提供開始 レガシーシステムからクラウドサービス Office 365 へのダイレクト移行を実現

@Press / 2014年7月9日 13時0分

製品ロゴ
次世代ソーシャル コラボレーション プラットフォームを対象に、エンタープライズクラスのビッグデータ管理、ガバナンス、コンプライアンス実現のためのソフトウェア ソリューションを提供する AvePoint(本社:米国ニュージャージー州ジャージーシティ) の日本法人 AvePoint Japan 株式会社 (本社:東京都港区高輪、代表取締役:塩光 献、URL : http://www.avepoint.co.jp/ ) は、本日 7 月 9 日より、コラボレーションプラットフォーム Microsoft(R) SharePoint の運用管理製品 DocAve 6 サービス パック (SP) 4 の国内提供を開始しました。クラウド上で情報管理を行う企業の増加を受け、今回発売となるバージョンでは、Lotus Notes、Exchange パブリック フォルダなどの既存システムからクラウドサービス Microsoft Office 365 の SharePoint Online へのダイレクト移行機能が追加されました。

現在、テレワークなどの柔軟な働き方を実現するべく、企業の情報共有基盤をクラウドに移し、クラウド上で業務を行える環境を整備する企業がますます増えています。しかし、多くの企業で使われてきた Lotus Notes などのレガシーシステムから移行する場合、前もってステージング環境にコンテンツを移し、そこから本番のクラウド環境へ移行するという 2 ステップを踏む必要がありました。加えて、移行が必要となるデータの容量は企業当たり数百 GB ・ TB レベルという膨大な量になることも多く、企業にとっては大きな負担となっています。

本製品を活用することで、オンプレミスの SharePoint、ファイルサーバー、eRoom、さらには Lotus Notes、Exchange パブリック フォルダ、EMC Documentum、Livelink、Lotus Quickr といった主要プラットフォームから、Office 365 の SharePoint Online へ、大容量データをダイレクトに移行することができます。これにより、ステージング環境の構築やそのコストを負担することなく、スムーズなクラウド移行・導入の実現が可能になります。

DocAve 6 SP4 は、本日 7 月 9 日よりお求めいただけます。直販または当社の販売代理店様 (※1) よりご購入いただけます。また、全ての機能を体験できる 30 日間無料のトライアル版を当社ウェブサイト ( http://www.avepoint.co.jp/resources/free-trial-downloads/ ) にて提供中です。

@Press

トピックスRSS

ランキング