新入社員・内定者のTOEIC(R) IPテスト受験者数は過去最高 新入社員の平均スコアは500点、内定者の平均スコアは557点

@Press / 2014年7月15日 10時0分

新入社員の平均スコア等の推移
日本でTOEIC(R)プログラムを実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会では、TOEIC(R) IPテスト(団体特別受験制度)を実施している企業・団体における、新入社員と内定者のデータを集計し、受験者数や平均スコアなどを発表します。以下はデータの一例です。


<新入社員データ>
・2014年度にTOEIC IPテストを実施した企業における新入社員の受験者数は30,212人、実施企業数は791社、平均スコアは500点。前年度より受験者数は1,017人増、団体数は35社増となり過去最高を記録。一方、平均スコアは5点ダウンとなった。

・内定時・入社後の両方にTOEICテストを受験した企業(2回実施企業※)は180社、こちらも過去最高を記録。
※2回実施企業とは、同一年度の新入社員に対し、TOEICテストを内定時と入社後の両方に実施した企業です。

<内定者データ>
・2014年度にTOEIC IPテストを実施した企業における内定者の受験者数は10,269人、実施企業数は318社、平均スコアは557点。受験者数および実施企業数は過去最高を記録、平均スコアは前年度とほぼ同スコアとなった。


■新入社員の平均スコアは500点
新入社員の平均スコア・受験者数・実施企業数の推移
http://www.atpress.ne.jp/releases/48547/img_48547_1.jpg

【新入社員のデータ抽出期間】
2014年4月1日~5月31日

新入社員の受験者数は30,212人、実施企業数は791社、平均スコアは500点となり、前年度より受験者数は1,017人増、団体数は35社増となる一方、平均スコアは5点ダウンとなりました。平均スコアは低下したものの、受験者数および団体数は過去最高を記録し、ビジネスのグローバル化に伴い社員の英語力を重視する企業が増え、新入社員にTOEICテストを受験させるケースが増えています。なお、そのうち、内定時・入社後の両方にTOEICテストを受験した企業(2回実施企業※)は180社を数え、こちらも過去最高となりました。


■内定者の平均スコアは557点
内定者の平均スコア・受験者数・実施企業数の推移
http://www.atpress.ne.jp/releases/48547/img_48547_2.jpg

【内定者のデータ抽出期間】2013年10月1日~12月31日

内定者の受験者数は10,269人、実施企業数は318社、平均スコアは557点となり、受験者数および実施企業数は過去最高を記録し、平均スコアにおいては、前年度とほぼ同スコアとなりました。学生が就職活動の段階から入社後の英語の必要性を認識し、英語学習に取り組んでいることがうかがえます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング