味源グラノーラの第4弾!たまねぎスープとグラノーラが奇跡のコラボ その名も「スーグラ(スープグラノーラ)」8月28日発売

@Press / 2014年7月10日 12時30分

「スーグラ」商品画像
食品の製造・卸売を行う有限会社 味源(本社:香川県仲多度郡、代表取締役:西山 泰和、以下 味源)は、味自慢のオリジナルブレンドスープでグラノーラを食べる「スーグラ」を8月28日(木)より発売致します。

「スーグラ」商品画像
http://www.atpress.ne.jp/releases/48562/img_48562_1.jpg


【製品開発の背景】
来月の8月で、味源のグラノーラ第1弾「12種類のフルーツグラノーラ」が発売から2年を迎えます。この2年間で、第2弾「小倉のーら」(小倉餡子好きにはたまらない!)、第3弾「飲むグラ」(日本初!飲むグラノーラ)と、バラエティーに富んだグラノーラを発売してきました。しかし、この3つのグラノーラに共通して言えることは、「シリアルに、冷たい牛乳や豆乳などの乳製品をかけて食べるグラノーラ」ということです。つまり、寒い冬に体が温まるようなグラノーラがありませんでした。
そこで、「冬でも暖かいスープで食べるグラノーラ」を開発することに致しました。
「簡単、お手軽、時短、栄養摂取」というコンセプトで開発したのが従来のグラノーラでしたが、それに加えて今回の「スーグラ」は、「あったかスープで食べるグラノーラ」という今までに無いコンセプトです。
「スーグラ」は、味源のグラノーラに対する熱い思いが込められている商品です。


【製品の特徴】
■簡単、おいしい、あったかスープで食べるグラノーラ
スープは、味源で販売している「淡路島産たまねぎスープ」をベースにしました。このスープは、味源が運営しているネットショップ「自然の館」で、お客様からのリピート率が約86%と、非常に高い数値を誇っています。そのおいしいスープをベースに、甘口のクリーミーな味わいをプラスしました。題して、「まったりオニオンクリームスープ」。従来のグラノーラの甘みとは異なる、コクのある甘みをご賞味下さい。
シリアルは、従来のグラノーラと同様に、コーン、大豆、大麦、オーツ麦を使用しています。4種のシリアルごとに形状が異なるので、様々な咀嚼感をお楽しみいただけます。


【こんな時に是非食べていただきたい】
■メインディッシュのお供に「スーグラ」を!
コクのあるオニオンクリームスープは、幅広いメニューに合うので食卓を豊かにさせてくれること間違いありません。

■小腹が空いた時にも「スーグラ」を!
スープとしてだけでなく、シリアルも入っているので、小腹が空いた時にピッタリです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング