ヤマハ、イヤホン「EPH-M200」「EPH-M100」を新発売

@Press / 2014年7月16日 13時30分

EPH-M200 (1)
株式会社ヤマハミュージックジャパンは、シンプルでスタイリッシュなデザイン性と、新開発の15mm大口径ドライバーなどによる高音質を両立させたインイヤー型イヤホン2モデル「EPH-M200」・「EPH-M100」を、8月中旬より全国で販売代理店(株式会社J※1)を通じて発売いたします。

※1 詳細については、下部<製品の販売について>に記載。


<製品の概要>
今回発売するイヤホン2モデルは、2014年2月発売のヘッドホン「HPH-M82」に続く、ヤマハが提案するヘッドホン・イヤホンのファッションシリーズ第2弾。美しくラウンドしたフォルムに、ヤマハの音叉マークを象徴的にあしらったシンプルなデザイン。さらに、新開発の15mm大口径ドライバーを搭載し、ダイナミックな高音質を実現します。「EPH-M200」は、世界で初めて(*)音導管の素材にβチタニウムを採用し、優れたフィット感と遮音性を両立。「EPH-M100」は、イヤピースにハード・ソフト2種類のシリコン素材を採用し、快適な装着感をもたらします。通勤・通学時など、耳元をスタイリッシュに飾りながら、ナチュラルでクリアな音をお楽しみいただけます。

【EPH-M200 主な特長】
1. シンプルな上質感を追求した、スタイリッシュデザイン
2. 15mm大口径ドライバーなど、新開発の高音質設計
3. 世界初(*)!βチタニウムを採用した音導管を搭載
4. 専用のイヤピースを開発し、最適なフィット感を実現

【EPH-M100 主な特長】
1. シンプルな上質感を追求した、スタイリッシュデザイン
2. 15mm大口径ドライバーなど、新開発の高音質設計
3. 快適に装着できる、5種類のイヤピースを付属


<EPH-M200 主な特長>

1. シンプルな上質感を追求した、スタイリッシュデザイン
美しいラウンドフォルムに、ヤマハの音叉マークのみがレイアウトされた、シンプルでスタイリッシュなデザイン。光沢のある表面仕上げで、ファッション性と上質感を両立させています。カラーは好みに合わせて選べる、赤・黒・白の3色をラインナップ。また、ボディと同じカラーでコーディネートしたケーブルには、iPod/iPhone/iPadの選曲・音量調整・通話(iPhoneのみ)などが行えるリモコンマイクを装備しています。セレーション加工が施され、ケーブル絡みの原因となる摩擦を低減するとともに、タッチノイズも抑えて聴きやすさも向上。さらに、コンパクトに収めるキャリングケースを付属し、バッグの中にすっきりと入れられ持ち運びにも便利です。ファッションアイテムのように気軽に身に付けて、通勤・通学のときなどに音楽を楽しめます。

@Press

トピックスRSS

ランキング