ヤマハ、イヤホン「EPH-M200」「EPH-M100」を新発売

@Press / 2014年7月16日 13時30分

EPH-M200 (1)
株式会社ヤマハミュージックジャパンは、シンプルでスタイリッシュなデザイン性と、新開発の15mm大口径ドライバーなどによる高音質を両立させたインイヤー型イヤホン2モデル「EPH-M200」・「EPH-M100」を、8月中旬より全国で販売代理店(株式会社J※1)を通じて発売いたします。

※1 詳細については、下部<製品の販売について>に記載。


<製品の概要>
今回発売するイヤホン2モデルは、2014年2月発売のヘッドホン「HPH-M82」に続く、ヤマハが提案するヘッドホン・イヤホンのファッションシリーズ第2弾。美しくラウンドしたフォルムに、ヤマハの音叉マークを象徴的にあしらったシンプルなデザイン。さらに、新開発の15mm大口径ドライバーを搭載し、ダイナミックな高音質を実現します。「EPH-M200」は、世界で初めて(*)音導管の素材にβチタニウムを採用し、優れたフィット感と遮音性を両立。「EPH-M100」は、イヤピースにハード・ソフト2種類のシリコン素材を採用し、快適な装着感をもたらします。通勤・通学時など、耳元をスタイリッシュに飾りながら、ナチュラルでクリアな音をお楽しみいただけます。

【EPH-M200 主な特長】
1. シンプルな上質感を追求した、スタイリッシュデザイン
2. 15mm大口径ドライバーなど、新開発の高音質設計
3. 世界初(*)!βチタニウムを採用した音導管を搭載
4. 専用のイヤピースを開発し、最適なフィット感を実現

【EPH-M100 主な特長】
1. シンプルな上質感を追求した、スタイリッシュデザイン
2. 15mm大口径ドライバーなど、新開発の高音質設計
3. 快適に装着できる、5種類のイヤピースを付属


<EPH-M200 主な特長>

1. シンプルな上質感を追求した、スタイリッシュデザイン
美しいラウンドフォルムに、ヤマハの音叉マークのみがレイアウトされた、シンプルでスタイリッシュなデザイン。光沢のある表面仕上げで、ファッション性と上質感を両立させています。カラーは好みに合わせて選べる、赤・黒・白の3色をラインナップ。また、ボディと同じカラーでコーディネートしたケーブルには、iPod/iPhone/iPadの選曲・音量調整・通話(iPhoneのみ)などが行えるリモコンマイクを装備しています。セレーション加工が施され、ケーブル絡みの原因となる摩擦を低減するとともに、タッチノイズも抑えて聴きやすさも向上。さらに、コンパクトに収めるキャリングケースを付属し、バッグの中にすっきりと入れられ持ち運びにも便利です。ファッションアイテムのように気軽に身に付けて、通勤・通学のときなどに音楽を楽しめます。

2. 15mm大口径ドライバーなど、新開発の高音質設計
「EPH-M200/M100」専用に開発した15mm大型ドライバーユニットには、高磁力のネオジムマグネットを使用。振動板には、剛性と柔軟性に優れたヤマハ独自のタンジェンシャル・エッジを採用し、サイズ感を超えたパワーあふれる低音と、細部までクリアな高音を両立しています。また、ハウジングには、ポリカーボネートとABS樹脂を複合した素材を採用し、内部の音の共振を低減。さらに、音響ポート(通気孔)を2カ所に設けることで、振動板動作時の通気抵抗を最適化し、クリアで心地よい低音を実現しています。

3. 世界初(*)!βチタニウムを採用した音導管を搭載
「EPH-M200」の音導管には、柔軟性が高く弾力性にも優れたβチタニウムを世界で初めて(*)採用。レーザー加工により、特殊で高精度な切り込みを入れることで、耳の穴の形に合わせて音導管が可動し高い追従性を確保しています。15mmの大口径ドライバーを採用したイヤホンでありながら、耳の穴が小さな方でも快適に装着できる優れたフィット感を実現。同時に遮音性も向上し、音漏れがなくしっかりとした低音再生を可能にしています。また、高強度で共振しにくいため、クリアで抜けのいい高音も楽しめます。

4. 専用のイヤピースを開発し、最適なフィット感を実現
βチタニウムの音導管の効果を最大限に発揮させるために、専用のイヤピースを開発。柔軟性と程よい硬さを併せ持つシリコン素材を採用し、耳の穴の形に合わせてイヤピースがしっかりフィットする優れた装着感を実現しました。また、一般的なイヤホンよりも長い音導管との相乗効果で、装着時のイヤピースのつぶれを低減するとともに、変形による音質劣化も防いでいます。さらに、耳の穴の大きさに合わせて選べる5サイズのイヤピースを付属。サイズに応じて、直径と奥行きのバランスも最適化しています。耳の穴の奥までしっかりと装着でき、動いていても取れにくい快適な着け心地を実現。周囲への音漏れも低減しています。

(*)ヤマハ株式会社調べ。民生用として、2014年4月時点。


<EPH-M100 主な特長>

1. シンプルな上質感を追求した、スタイリッシュデザイン
美しいラウンドフォルムに、ヤマハの音叉マークのみがレイアウトされた、シンプルでスタイリッシュなデザイン。光沢のある表面仕上げで、ファッション性と上質感を両立させています。カラーは好みに合わせて選べる、青・黒・白の3色をラインナップ。また、コンパクトに収めるキャリングケースを付属し、バッグの中にすっきりと入れられ持ち運びにも便利です。さらに、ケーブルには、iPod/iPhone/iPadの選曲・音量調整・通話(iPhoneのみ)などが行えるリモコンマイクを装備。ファッションアイテムのように気軽に身に付けて、通勤・通学のときなどに音楽を楽しめます。

2. 15mm大口径ドライバーなど、新開発の高音質設計
「EPH-M200/M100」専用に開発した15mm大型ドライバーユニットには、高磁力のネオジムマグネットを使用。振動板には、剛性と柔軟性に優れたヤマハ独自のタンジェンシャル・エッジを採用し、サイズ感を超えたパワーあふれる低音と、細部までクリアな高音を両立しています。また、ハウジングには、ポリカーボネートとABS樹脂を複合した素材を採用し、内部の音の共振を低減。さらに、音響ポート(通気孔)を2カ所に設けることで、振動板動作時の通気抵抗を最適化し、クリアで心地よい低音を実現しています。

3. 快適に装着できる、5種類のイヤピースを付属
イヤピースには、硬度が異なる2種類のシリコン素材を採用。音の通過部分は、ハードシリコンにセレーション加工を施すことで強度と柔軟性が両立され、形状を保持したまま耳の穴に合わせてフィット。イヤピースのつぶれなどによる、音質劣化も防げます。また、耳に触れる部分はソフトシリコンを採用し、耳の穴の大きさに合わせて選べる5サイズのイヤピースを付属。サイズに応じて、直径と奥行きのバランスも最適化しています。耳の穴の奥までしっかりと装着でき、動いていても取れにくい快適な着け心地を実現。周囲への音漏れも低減しています。


<EPH-M200 主な仕様>
型式:密閉ダイナミック型、ドライバー口径:15mm、インピーダンス:28Ω、出力音圧レベル:105dB(1kHz)、再生周波数帯域:20Hz~20kHz、質量:19.2g、ケーブル長:1.2m(iPod/iPhone/iPadマイク・操作ボタン付き)、
プラグ:3.5mm L型ステレオミニ、
付属品:キャリングケース、金メッキ変換ステレオプラグ(6.3mm)、
イヤピース5サイズ(SS・S・M・L・LL 各2個)


<EPH-M100 主な仕様>
型式:密閉ダイナミック型、ドライバー口径:15mm、インピーダンス:28Ω、出力音圧レベル:105dB(1kHz)、再生周波数帯域:20Hz~20kHz、質量:19.1g、ケーブル長:1.2m(iPod/iPhone/iPadマイク・操作ボタン付き)、
プラグ:3.5mm L型ステレオミニ、
付属品:キャリングケース、金メッキ変換ステレオプラグ(6.3mm)、
イヤピース5サイズ(SS・S・M・L・LL 各2個)


<製品情報>
■EPH-M200
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/headphones/eph-m200__j/

■EPH-M100
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/headphones/eph-m100__j/


<製品の販売について>
「EPH-M200」および「EPH-M100」は、株式会社Jが販売いたします。
株式会社J
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-7-5 目黒TSビル2F
TEL:03-3446-6455
FAX:03-5791-7367


<この件に関するお問い合わせ先>
■一般の方のお問い合わせ先
株式会社ヤマハミュージックジャパン お客様コミュニケーションセンター
オーディオ・ビジュアル機器ご相談窓口
〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町 10-1
TEL:0570-011-808(ナビダイヤル:全国どこからでも市内通話料金)
TEL:053-460-3409(上記番号でつながらない場合)

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

EPH-M100 (1) 通勤・通学時など、耳元をスタイリッシュに演出 EPH-M200 (2)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング