ワンタイムパスワード「PassLogic」と、シングルサインオン「OpenAM」との連携モジュールの提供を開始 ~学認・公共機関向けのシボレスシステムにもPassLogicが利用可能に~

@Press / 2014年7月10日 10時0分

PassLogicログインフロー
オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:小田切 耕司、以下 OSSTech)とパスロジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 秀治、以下 パスロジ)は、オープンソースのシングルサインオン製品「OpenAM」とパスロジが開発するトークンレスワンタイムパスワードシステム「PassLogic」との連携モジュールの提供を開始いたします。

本連携モジュールにより、「OpenAM」のログインをよりセキュアなPassLogic認証に容易に対応させることができるとともに、シームレスで利用者に使いやすいログイン操作を実現しています。


クラウドベンダーや大企業、文教・公共機関などでの利用実績が多い「OpenAM」は、1システムあたりの利用者数の規模が大きくなることも多く、またその利用者は必ずしもITリテラシーに長けた方ばかりではない状況がありました。

「PassLogic」はトークンや乱数カード不要でワンタイムパスワードを実現しており、利用者数が多くともそれらの配布により運用負荷が増大することなく、また利用者にとってもトークンや乱数カードを管理する負担が少ない特徴を持ちます。

フェデレーション・シングルサインオンが文教・公共・一般企業問わず注目を集める中で、本連携についてもすでに引き合いをいただいており、今後もさらに需要が増加することを見込んでおります。

今後も、OSSTechとパスロジとのアライアンス関係により、本連携ソリューションのプロモーション活動を継続してまいります。


「OpenAM」と「PassLogic」が連携した際のログインフローは以下の通りです。

<「PassLogic」ログインフロー>
http://www.atpress.ne.jp/releases/48582/img_48582_1.png

「OpenAM」と「PassLogic」の連携により、OpenAM標準のID/パスワード認証の後に追加認証としてPassLogic認証が要求されます。


■「OpenAM」概要
「OpenAM」はSAML2.0、OAuth2.0、OpenID Connect 1.0、Shibbolethなど業界標準のシングルサインオンプロトコルへの対応に加え、エージェント型、リバースプロキシ型、代理認証型など高機能を提供するシングルサインオン製品です。
なお、今回発表した連携モジュールは最新版の「OpenAM 11」での動作を確認済みです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング