スマートフォン向けSSP『AdStir(アドステア)』、マルチマネタイズプラットフォームとして大幅に機能拡張

@Press / 2014年7月9日 15時45分

イメージとポイント
 ユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:早川与規、証券コード:2497、以下ユナイテッド)の所有するスマートフォン媒体社向けのSSP(※1)『AdStir
<http://ad-stir.com/>』は、「1.パートナーネットワーク接続数の増加」「2.配信比率自動最適化機構や在庫切れ検知機構等の収益最大化機能の追加」、「3.ネイティブ広告等多彩なアドフォーマットへの対応」、の3点を中心に、マルチマネタイズプラットフォームとして大幅な機能拡張を致しました。


■具体的な機能拡張の内容
「1.パートナーネットワーク数の増加」について
 『AdStir』経由で広告を配信しているメディアは、国内外主要20数社程のアドネットワークを、『AdStir』を通じて手軽に利用する事ができる様になり、直近でリリース予定のものを含めて10数社のDSP(※2)を経由したRTB広告(※3)配信と組み合わせて、多彩かつ高単価な広告案件を配信する事ができる様になります。

「2.配信比率自動最適化機構や在庫切れ検知機構等の収益最大化機能の追加」について
 収益性の高いアドネットワークの配信比率を自動的に高めるパートナーネットワーク配信比率自動最適化機構や、配信したアドネットワークが在庫切れした際に別のアドネットワークに切り替える在庫切れ検知機構を、従来提供していたアプリ向けだけでなくWEBメディアにもご利用いただける様に機能拡張致しました。これまで以上にメディア側で運用工数を削減しつつ広告収益を向上させる事ができるように機能強化されました。

「3.ネイティブ広告等多彩なアドフォーマットへの対応」について
 従来のバナー広告やアイコン広告、インタースティシャル広告に加え、ネイティブ広告に対応する等、バリエーション豊かな配信形態に対応しており、広告案件・アドフォーマット両面でプラットフォームとして拡張しています。

 『AdStir』は、今回リリースしたアドフォーマット及びサービスの拡張機能を用いて、広告運用コンサルティングによるメディアマネタイズを進めると共に、今後共広告プラットフォームとしての機能拡張を強化し、拡大が見込まれるスマートフォン広告市場において、さらなる成長を目指してまいります。


■『AdStir』とは
 ユナイテッドが2011年9月に提供を開始したSSPで、アドネットワーク広告収益を最大化しつつ(イールド オプティマイズ機能)、RTB広告の競争入札を利用する事で更なる広告収益を得る事ができるメディア向けの広告マネタイズプラットフォームです。2014年6月にはアドインプレッション(※4)も月間350億を超え、サプライサイドにおいて国内スマートフォン市場で最大規模のプラットフォームとなっています。
 RTB広告については、他社に先駆けてオープン化を行い、2012年4月に接続を開始した当社DSPサービス『Bypass』を始め、国内外10ものDSPから入札を受けることが可能となっており、今後もオープンプラットフォームとして、国内外のDSPとの接続に積極的に取り組んでまいります。
 今後も広告プラットフォームとして機能強化を継続し、最新アドテクノロジーによる広告ソリューションを提供して参ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング