Frost & Sullivan社のアジアUCaaSプロバイダー評価レポートにおいてNTTコミュニケーションズが「チャンピオン」の評価

@Press / 2014年7月14日 16時0分

IQ(Industry Quotient)
 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、Frost & Sullivan社が発行した「Frost Industry Quotient(IQ)- Asia Pacific Unified Communications-as-a-Service Providers, 2014」レポートにおいて、市場シェアと将来の成長戦略に基づいた評価により、その双方が高い「チャンピオン」のポジションに位置付けられました。


 Frost & Sullivan社のアジアにおけるUCaaS(Unified Communications-as-a-Service)プロバイダーを対象としたIQ(Industry Quotient)レポートは、アジア地域における主要UCaaSプロバイダー10社を対象にFrost & Sullivan社が独自の調査方法に基づき市場シェア、プロダクト/サービス戦略、スタッフスキル戦略、エコシステム戦略、ビジネス戦略を評価するものです。同レポートは今回が初めての発行となります。Frost & Sullivan社は、NTT Comの拡張性および柔軟性の高いUC(Unified Communications)プラットフォームの提供と、日本をはじめとしたアジアでの実績を高く評価しました。

IQ(Industry Quotient)
http://www.atpress.ne.jp/releases/48696/img_48696_1.png
出典:Frost & Sullivan analysis


 なお、NTT Comは、今年6月に同Frost & Sullivan社が開催した2014 Frost & Sullivan Japan Excellence Awardsにおいても「Japan Unified Communications-as-a-Service Provider of the Year」を受賞しております。


<関連リンク>
・Arcstar UCaaS
http://www.ntt.com/a_ucaas/
・世界での評価実績
http://www.ntt.com/resource-center_j/awards/
・(報道発表)2014 Frost & Sullivan Japan Excellence Awardsにおいて「Japan Unified Communications-as-a-Service Provider of the Year」を受賞
http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20140610_2.html

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング