メイカーズ向けの「出世払いサービス」を提供開始~製造にかかる初期コストを将来の売上で支払うモデル~

@Press / 2014年7月16日 15時0分

「出世払いサービス」スキーム
 株式会社enmono(エンモノ/所在地:東京都渋谷区、代表取締役:三木 康司)と、プリント基板の設計を行う有限会社ケイ・ピー・ディ(本社:東京都葛飾区、代表取締役:加藤木 一明)は、2014年7月16日より、メイカーズと言われる人々が、プリント基板開発に必要な初期費用を低減し、開発後の販売売上に応じて費用を回収する「出世払いサービス」を開始いたしました。

メイカーズ「出世払いサービス」
URL: http://zenmono.jp/pr/120

※メイカーズ:インターネットの発達や3Dプリンタの普及によって誰もが製造業の起業家になれるようになったこと。またその起業家を指す。


 モノづくりに特化したクラウドファンディングサイト「zenmono」にプロジェクトを掲載し、プロジェクトを無事に成功させた案件に限り、その後の量産化にかかる費用を協力する企業が初期コストを一旦負担して開発を進め、販売後の売上に応じて費用を回収するというサービスです。

 協力する製造企業は、当社が2010年より運営している「マイクロモノづくり経営革新講座」の卒業生で、プロダクトデザイン、基板実装、プレス業、金属加工など(2014年7月末時点で29社32名)であり、今後順次増えていきます。


【技術投資を行うプロジェクトの選考基準】
 技術投資の対象とするプロジェクトの選定は、まず「zenmono」に申請があったプロジェクトの中で、書類選考および面接を行います。面接では製品として製造可能かどうかの技術的な審査と、製品化後の事業計画などの有無も確認させていただき、製造業の技術投資案件としての妥当性を検査します。

 次のステップとして、選考を通過したメイカーズと合意した上で、一定以上の金額を当社のクラウドファンディングで調達したプロジェクトに限定して「出世払いサービス」を適応します。

 クラウドファンディングで一定以上の金額の資金調達を達成したプロジェクトのみ「出世払いサービス」の技術投資対象とすることで、事前に「商品」としての市場性を判断することができます。
 これを行うことで、技術投資を行う事業者にとっては、将来的にビジネスとして大きく成長する可能性のある商品をもつメイカーズと共に市場を作っていくことができます。

 「zenmono」は2013年5月にスタートし、2014年7月16日現在までに、13件中13件、掲載されたプロジェクトが100%成功している実績を持ち、プロジェクトの事業性評価が見込まれるという判断から、「出世払いサービス」を構想いたしました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング