IEEE予測 2035年までに車からハンドル、クラクション、バックミラー、アクセル、ブレーキ・ペダルがなくなる?!

@Press / 2014年7月17日 9時30分

IEEE(アイ・トリプル・イー)は、自動走行車の未来について普及のための障害、自律技術、未来の自動車の機能、地域別の普及の可能性など専門家の意見を調査しました。この調査には、自動走行車の分野の研究者、関係者、大学生、団体メンバー、行政機関職員など200人以上が参加しました。


■普及の障害になるものとは?
自動走行車の普及の妨げとなる6つの障害について調査対象者に質問したところ、法的責任、政治、需要者承認(消費者にどれくらい受け入れられるか)が上位にあげられる一方で、コストやインフラ、また技術的な側面に関しては大きな障害にはならないと考えられていることがわかりました。

IEEEメンバーのPurdue School of Engineering and Technologyの電子およびコンピューター・エンジニアリング学部長を務めるヨウビン・チェン教授は、次のように述べています。「日常生活を根本から変える可能性を持つ技術が登場したときは、その技術が適切に使用され、人類の利益となるように、法律と政策を確立する必要があります。インテリジェント自動車の場合は特にそうです。法的責任や政策などの基本要素が定まると、技術とインフラが生まれ、インテリジェント自動車はより広く受け入れられるようになります。」


■未来の自動車
搭載する自律機能が増えると、現在一般的に使われている車の機能を持たない自動車を製造できるようになります。従来の車の機能がいつ大量生産車から消失するかを質問したところ、回答者の大半は、2030年までにバックミラー、クラクション、サイドブレーキがなくなり、2035年にはハンドルとアクセル、ブレーキ・ペダルもなくなると考えていることがわかりました。さらに、75%を超える人が、それまでに米国の全50州で自動走行車の使用を認める法案が可決されると予想しています。

IEEEフェローのイタリアのパルマ大学でコンピューター・エンジニアリングの教授を務め、VisLabの設立者でもあるアルベルト・ブロッギ氏は、次のように述べています。「自動走行車業界は、この数年間に技術向上とメーカーの受け入れ態度の両面で驚くほど成長し、消費者による受け入れのタイムテーブルに大きな影響を与えました。科学者と自動車メーカーは共同で、近い将来の自動走行車の生産を念頭に最新の自動車に搭載する自律機能を段階的に増やす努力をしています。広く受け入れられるには、まず、この技術を信頼足りうるレベルまで高めることが重要です。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング