株式会社エクシード・ワン、『ESA 拡張セキュアアーカイバー』のダウンロード数がリリース以来1カ月で1,000件を突破

@Press / 2014年7月23日 10時0分

動作解説図
株式会社エクシード・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役:菅野 弘治)は、セキュリティーアーカイブアプリケーション「ESA 拡張セキュアアーカイバー」のダウンロード数が1,000件を突破したことをお知らせいたします。

製品URL: http://service.exceedone.co.jp/esa/


2014年6月の製品リリース以来、「試用版」(無料版)及び「プロフェッショナル エディション」(有料版)のダウンロードやご購入、数多くのお問い合わせをいただいております。


<開発コンセプト>
タブレットPCやスマートフォンの普及に伴い、メールの添付機能やクラウドストレージを利用して、個人情報や機密情報などの受け渡し、保管、およびバックアップをすることが一般的になってきました。
しかし、このような情報の保管や受け渡しの過程で、意に反してファイルが第三者へ渡ってしまうのではないか、という不安が常に付きまといます。また万一、第三者に情報が渡ってしまっても、その内容を容易に解読できないようにするなど、二重・三重の対策を講ずる必要があります。
そこで『データ漏えい時の保険に!、クラウドストレージへの保管に!、重要なファイルの保管に“パスワードプラス アルファの保護”という安心感』をコンセプトに、拡張セキュアアーカイバーを開発いたしました。


<拡張セキュアアーカイバーとは>
・複数のファイルを圧縮および暗号化しながら1つのファイルへ保管する、アーカイブアプリケーションです。
・復元時に必要となるキーファイルを自動生成し、アーカイブファイルとキーファイルとを別々に管理することで、第三者によるアーカイブファイルの展開(復元)を困難にすることを目的としています。


<拡張セキュアアーカイバーの特徴>
・アーカイブファイル作成時に、展開に必要なキーファイルを自動生成。
・アーカイブファイル展開時には、パスワードとキーファイルが必要。
・同じファイルをアーカイブしても、キーファイルは毎回異なるものを作成。このため、アーカイブファイル作成時に生成されたキーファイル以外での組み合わせでは展開不可。
・アーカイブファイルは標準暗号化方式AESで暗号化。


<動作環境>
・Microsoft Windows 7 / 8 / 8.1
・Microsoft .NET Framework 3.5が動作する環境


<価格・ライセンス>
1ライセンス:¥2,500(税抜)

【ライセンス形態】
ライセンス:1ライセンス
デバイス :1デバイス
ユーザー数:無制限
※「デバイス」とは、本製品が動作する環境の単位です。仮想環境も1デバイスとします。


【会社概要】
会社名: 株式会社エクシード・ワン
代表者: 代表取締役 菅野 弘治(すがの こおじ)
所在地: 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-14 神田錦町ミハマビル9F
資本金: 1,468万円
設立 : 1999年12月
URL  : http://www.exceedone.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

利用画面イメージ

@Press

トピックスRSS

ランキング