歯科技工のデジタライゼーション~グローバル展開と産業化の促進の足掛かりに~デザインセンターを新規開設

@Press / 2014年7月23日 10時30分

デザインセンター_1
デンタルサポート株式会社(千葉県千葉市、代表取締役社長・CEO:寒竹 郁夫)は、新たに歯科技工のデザインセンター(千葉県千葉市)を開設いたしました。
効率化を図り生産性を向上することにより、多くの歯科技工物を提供できる体制を整えるとともに、インターネットを活用した国際的な歯科技工デジタルネットワーク構築を目指します。


■生産性の向上と小規模ラボからの受注による増収を目指す
歯科技工物の価格構成の多くを人件費が占めておりますが、手作業でしか行えなかった部分を機械が補うことにより、歯科技工物の生産効率性だけではなく、質の向上と人件費を低く抑えることが可能となります。
また、日本の歯科技工所の約9割近くが5名以下の小規模ラボであり、CAD/CAM導入のために高額な設備投資が難しいというのが現状です。そのような小規模ラボからデザイン・作製を部分的にでも受注できるよう、CAD/CAMそれぞれ3種の機械を導入し多様な歯科技工物に対応可能な体制を整えました。


■歯科技工ネットワークの構築とグローバル展開
日本国内での歯科技工ネットワークの構築を目指すとともに、JICAの歯科技工技術向上教育プログラムをはじめとする欧米・中東・アジアを含めた国際的な歯科技工ネットワーク構築を模索しております。
デジタルで印象データをやり取りできるようになれば、技術力の高い日本の歯科技工への注文が世界から集まりやすくなり、歯科技工がグローバルに産業として展開していくことも大いに可能となります。それらに対応できる体制を整えるとともに、インターネットを活用した国際的な歯科技工デジタルネットワーク構築に積極的に取り組んでまいります。


■デザインセンター 概要
名称       :デンタルスタジオ デザインセンター
所在地      :千葉県千葉市美浜区高洲3-10-1
          サンフラワービレッジ稲毛海岸4F
面積       :25坪
人員       :5名
設備       :CAD 5台/CAM 3台/3Dプリンター 2台/
          切削加工機 1台(8月導入予定)
処理能力(生産能力):歯のデザイン月産5,000本
開設日      :2014年7月1日(火)

自社内での生産機械化にとどまらず、歯科医院・歯科技工所から患者様の口腔内データ・模型データ・歯のデザインデータを受領し、デザインのみ受注や、半架工製品の切削架工受注に対応いたします。


■デンタルサポート株式会社
訪問歯科診療サポート、医科の訪問診療(在宅医療)サポートおよび、介護事業、歯科技工所を運営。高品質な歯科技工物を提供するとともに、CAD部門の整備と充実を図り、歯科技工のデジタライゼーションを目指している。
海外においては、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイにて、医科・歯科併設のクリニック「SAKURA Medical and Dental Clinic」を開設。

本社所在地 : 千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンD棟17階
設立    : 1989年(平成元年)5月
資本金   : 2億980万円
代表者   : 代表取締役社長・CEO 寒竹 郁夫(歯科医師・歯学博士)
ホームページ: http://www.dentalsupport.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

デザインセンター_23Dプリンターで製作した歯型デザインセンター_3

@Press

トピックスRSS

ランキング