全国163店舗を展開する人気店「赤から」が初プロデュース!新業態「赤バル」が名古屋駅前に7月26日(土)オープン 「赤から鍋」の旨辛スープを使った「赤ポトフ」も提供

@Press / 2014年7月25日 13時30分

「赤バル」ロゴ
「おいしさと楽しさの創造企業」として、かに料理の「甲羅本店」を中核に、国内に23業態・256店舗以上(2014年6月末現在)を展開している外食企業・株式会社甲羅(本社:愛知県豊橋市東脇三丁目1-7、代表取締役:鈴木 勇一)は、7月26日(土)に新業態となる「赤バル」を名古屋駅前にオープンします。

全国に163店舗を展開している当社の人気業態「赤から」が初プロデュースしたブランドで、「赤から」の看板メニュー「赤から鍋」に使われている旨辛スープを使った「赤ポトフ」(税抜き 980円)も「赤バル」でご提供いたします。「赤から」ファンもとびきり楽しめるチキン料理とワインの店です。

「赤バル」ロゴ
http://www.atpress.ne.jp/releases/49111/img_49111_1.jpg


【店舗コンセプト】
「チキンとワインが気軽に楽しめる店」を基本コンセプトに、全国に163店舗を展開している「赤から」の魅力もひそかに取り入れた新業態。看板メニューは豪快な“丸焼きチキン”。「赤から」の赤から鍋味噌をベースにした「赤ポトフ」などもご提供します。約37種のボトルワイン(1,980円~7,800円)や自家製の「漬け込みスプリッツァー」(6種すべて490円)などもお楽しみいただけます。

1Fと2Fからなるロフト風のおしゃれな店内は、吹き抜けがあって開放的でありながら、どこか安心感があって居心地がいい空間です。


【2大名物メニュー】
「ロティサリーチキン」
丸鶏/1,680円(税抜) 半身/980円(税抜)

一つ一つ丁寧にじっくりと焼き上げたチキン。かぶりつくとカリカリの食感とともに香ばしさが広がり、次の瞬間にはじゅわぁとジューシーな肉汁がこぼれます。旨味が閉じ込められた肉汁と柔らかな鶏肉は格別。ソースは<サルサ・バジル・テリヤキペッパー>の3種から好みのものを好きなだけ注文できます。
(1種120円、2種200円、3種250円)


「赤ポトフ~サワークリーム添え」
980円(税抜)

人気業態「赤から」の赤から鍋味噌をベースに仕上げました。コクと旨味たっぷりの甘辛スープに、骨付き鶏モモ肉、玉ねぎ、ジャガイモ、ブロッコリー、人参が入った具だくさんポトフ。添えられたサワークリームが味の決め手で、最初はそのまま、少しずつ溶かしながら味の変化をお楽しみいただけます。

(左)「ロティサリーチキン」 (右)「赤ポトフ~サワークリーム添え」
http://www.atpress.ne.jp/releases/49111/img_49111_2.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング