≪夏バテ予防!あなたは何を食べる?!≫2014年7月29日は「土用の“丑”の日」と「“牛”(肉)の日」で“ダブル『うし』の日”!

@Press / 2014年7月24日 16時0分

「でか肉焼きBBQ」作り方/ポイント
肉を焼くことの価値を普及するべく、様々な取り組みを行っている肉焼き総研(所長:鈴木 敏郎(東京農業大学農学部教授 農学部長)は、今年の7月29日(火)が「土用の丑の日」と「肉の日」が重なる“ダブル『うし』の日”であることにちなみ、“牛”の肉で夏に負けないスタミナを付けていただくために、牛の肉を“おいしく、やわらかく”食べる方法や「土用の丑の日」牛肉レシピをご紹介いたします。


■今年の7月29日(火)は「土用の丑の日」と「肉の日」が重なる“ダブル『うし』の日”?!
夏の暑さを乗り切る栄養をつけるために、「ウナギ」を食べる日とされる「土用丑の日」は、土用(立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間)の間で日の干支が丑である日を指し、今年は7月29日(火)が「土用丑の日」に当たります。
また、29日は「肉の日」としてもおなじみで、7月29日(火)は「土用の丑の日」と「肉の日」が重なります。21世紀に入ってから両日が重なったことは一度もなく、とても珍しいことです。
ビタミンA・B群を豊富に含み、夏バテ・食欲減退防止の効果が期待できる「ウナギ」と、疲労回復効果があり、良質なたんぱく質や鉄を多く含むことから夏バテや貧血に有効とされる「お肉」は、どちらも暑さに負けない身体を作るには欠かせない食材です。


■引き続き、高値が予想される「ウナギ」!その“代替食材”としてオススメの「お肉」!
近年、乱獲や数の減少により、「ウナギ」の価格が高騰していることから、疑似的なかば焼き商品が発売され注目を集めるなど、この時期になると話題になる「ウナギ」の代替食材ですが、今年は昨年と比較すると、値段が回復傾向にあるものの、価格そのものの高値感は続いており、代替品の需要は引き続き高いと予想されます。

◎元来、“う”のつく食材を食べる日
「夏バテしないように」「精がつく」ということで、「ウナギ」を食べる方が多い「土用の丑の日」ですが、実は地域によっては、“牛の肉”や“梅干し”、“うどん”など、「ウナギ」以外のものを食べるところもあります。これらの食材に共通しているのは、「う」のつく食材であることです。
諸説ありますが、歴史をさかのぼってみると、「ウナギ」が定着する以前から、「土用の丑の日」には、「う」のつく物を食べると病気にならないと信じられていたそうです。


■熱調理科学のプロが教える!牛の肉を“おいしく、やわらかく”食べる方法
 ポイントは、中心温度65℃焼きと、焼肉のタレ(フルーツ入り)を使うこと!
佐藤 秀美先生(肉焼き総研メンバー、学術博士(食物学)、日本獣医生命科学大学客員教授)による牛の肉を“おいしく、やわらかく”食べる方法を2点紹介します。

@Press

トピックスRSS

ランキング