渋谷ハチ公前にひんやり体感スポット「ひと涼み処」が7月26日出現!限定5,000名にひと涼みドリンク「ソルティ・ライチ」をプレゼント

@Press / 2014年7月25日 9時30分

暑熱適応のまちづくり研究会
一般社団法人環境情報科学センター(東京都千代田区、理事長:丸田 頼一)が事務局を務める「暑熱適応のまちづくり研究会」は、2014年7月26日(土)、JR渋谷駅ハチ公前広場にて、熱中症予防声かけプロジェクトが開催する熱中症予防強化アクションイベントに参加し、環境省が検討してきた「ひと涼み処」を設営致します。


■実施内容
「暑熱適応のまちづくり研究会」は、2014年7月26日(土)(13時~16時)、JR渋谷駅ハチ公前広場にて、環境省が検討してきたまちなかの暑さ対策の一つとして、屋外でも「ひんやり」を体感できる「ひと涼み処」を設営致します。日射を効果的に反射させて熱くならないシェードや、打ち水効果で冷たくなるシートで囲まれた施設に入っていただき、「ひんやり」を体感いただきます。


■本取り組みのねらい
人は、気温だけでなく湿度や風、日射や熱い路面などからの放射熱によって暑さや涼しさを感じます。そのことを実際に体験いただくとともに、人が暑さや涼しさを感じるメカニズムを学んでいただき、暑い夏を少しでも快適に過ごすための環境づくりのきっかけにしていただくことを狙いとしています。


■開催概要
日時:2014年7月26日(土) 13時~16時(雨天中止)
場所:JR渋谷駅ハチ公前出口前広場
※配布物がなくなり次第終了(限定5,000名)

※「ひと涼み処」は、一般社団法人日本エンパワーメントコンソーシアム(本社:東京都渋谷区、代表理事:山下 太郎)が総合運営事務局を務める熱中症予防声かけプロジェクトが開催する熱中症予防強化アクションイベントの一つのブースとして設営致します。
イベントでは、涼しげな氷柱を立て、その氷を触って「ひと涼み」を体感していただいた国民の方々に「熱中症予防強化新聞(通称:熱強新聞)」と熱中症予防声かけプロジェクトの賛同会員であるキリンビバレッジ株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:佐藤 章)からご提供いただいたソルティ・ライチ(270mlペットボトル)を限定5,000本ひと涼みドリンクとして「熱中症に気をつけて!」「飲み物を持ち歩いて!」と声をかけながらプレゼント致します。


■今後の取り組み
今後、「暑熱適応のまちづくり研究会」では、様々な「ひと涼み処」を提案していく予定です。まちなかや建設現場、イベント等での休憩施設など、暑い夏を少しでも快適に過ごせるよう取り組んでいきます。


【暑熱適応のまちづくり研究会について】
暑熱適応のまちづくり研究会は、一般社団法人環境情報科学センターの学術委員会の下部組織として、暑熱適応製品・技術を有する企業や団体、まちづくりの担い手、有識者等の産官学が連携し、暑熱適応のまちづくりを適切に推進するため、関連する研究活動や普及活動等を進めるものです。
http://www.ceis.or.jp/suzumachi/


【会社概要】
商号  : 一般社団法人環境情報科学センター
所在地 : 〒102-0074 東京都千代田区九段南3-2-7
代表者 : 理事長 丸田 頼一
設立  : 1972年10月
事業内容: 機関紙「環境情報科学」の発行
      研究発表会・シンポジウム等の開催
      環境科学に関する調査研究の受託 等
URL   : http://www.ceis.or.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング