2014年度「RM会員アンケート」調査結果を発表

@Press / 2014年7月28日 10時30分

与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(以下 リスモン、本社:東京都千代田区、 http://www.riskmonster.co.jp/ )は、2014年度「RM会員アンケート」調査結果を発表いたしました。


1.実施概要
・調査名称 :2014年度「RM会員アンケート」調査
・調査方法 :インターネット調査
・調査エリア:全国
・調査期間 :2014年5月29日(木)~6月26日(木)
・調査対象者:リスクモンスター会員
・有効回収数:797サンプル


2.調査結果
[1] 「RM会員アンケート」/業種別景況感DI
リスモンの会員企業に対して、景況感に関するアンケート調査を行いました結果、「景況感はよくなった」と回答した人の割合と「景況感は悪くなった」と回答した人の割合の差(DI)は、プラス33.4となりました。
業種別に見ますと、「宿泊業、飲食サービス業」と「複合サービス業」がプラス100で第1位、「不動産業、物品賃貸業」がプラス57.5で第3位となりました。以下、第4位に「情報通信業」(プラス44.6)第5位に「金融業、保険業」と「その他のサービス業」(プラス44.4)、第7位「建設業」(プラス38.7)と続きました。今回の調査では、DIがマイナスとなる業種はなく、総じて景況感に改善傾向がみられるものの、「電気・ガス・熱供給・水道業」や「医療、福祉業」などの特定の業種においては、0となり、他業種に比して景況感の改善が見られない結果となりました。(図表A)

[2] 「RM会員アンケート」/業種別景況感DI
景況感DIを地域別に見ると、第1位「四国」(プラス100)、第2位「関東」(プラス36.8)、第3位「近畿」(プラス34.1)となり、以下第4位「中部」(プラス25.3)、第5位「北海道」(プラス25.0)、第6位「東北」(プラス22.2)、第7位「中国」(プラス19.2)、第8位「九州・沖縄」(プラス9.7)となりました。業種別景況感IDと同様に、DIがマイナスとなる地域はなく、総じて景況感の高揚がみられますが、関東や近畿などの都市圏、または東日本に比し、西日本の方のDI値が小さいことから、景況の高揚感にも地域差があることがわかる結果となりました。(図表B)

[3] 「RM会員アンケート」/予算の変動と問題債権の発生
RM会員における、昨年度と今年度の与信管理に対する予算の増減を調査したところ、「変わらない」が69.8%と最も多く、次いで「予算が増加した」が20.6%、「予算が減少した」が9.6%という結果になりました。
また、予算の変動に対して、近年の貸倒れ・回収遅延の発生状況を合わせて調査したところ、「貸倒れまたは回収遅延が発生した」企業では、24.5%が「予算が増加した」と回答したのに対して、「貸倒れおよび回収遅延は発生していない」企業では、16.8%と低水準となりました。さらに回収遅延が発生した企業においては、「全額回収できた」企業における「予算が増加した」と回答した割合は、10.7%と極めて低い水準であったのに対して、「現在徐々に回収している」と回答した企業では33.8%、「殆ど回収できていない」と回答した企業では、33.3%と、大きな乖離が生じた結果となりました。
貸倒れ・回収遅延が発生していない企業や、回収遅延が発生しても全額回収できた企業においては、債権管理に対する警戒感が薄れている可能性があることを、本調査では示しているものと考えられます。(図表C)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング