ミドクラ、KVHの「プライベートクラウドサービスType-S」にてMidoNet商用サービス利用を発表

@Press / 2014年7月29日 11時0分

革新的なクラウドネットワーク仮想化ソフトウェアを提供するミドクラジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:加藤 隆哉、以下 ミドクラ)は、アジアの情報デリバリー・プラットフォームを提供するKVH株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:東瀬 エドワード、以下 KVH)が、「プライベートクラウドサービス Type-S」にてミドクラの「MidoNet」を採用したことを発表しました。KVHはクラウドサービスに「MidoNet」を組み込むことにより、ロードバランサーやファイヤーウォールなど、より高度な仮想ネットワークの設定を簡単に提供することが可能になります。KVHのサービスは、2014年7月29日から販売が開始されます。


今回、KVHの「プライベートクラウドサービス Type-S」に導入された「MidoNet」は、分散アーキテクチャによって拡張性や障害耐性に優れるだけでなく、ファイヤーウォールやロードバランサーなどの高度な機能も提供できる、クラウドコンピューティングに最適のネットワーク仮想化ソフトウェアです。KVHの「プライベートクラウドサービス Type-S」では、「MidoNet」の導入により、仮想スイッチや仮想ルータはもちろん、最新機能のレイヤー4ロードバランサーが新たに加わります。「MidoNet」のロードバランサーは分散アーキテクチャを維持したまま提供されるため、ラウンドロビン(DNSなどにより負荷分散を行う方法)やシステムの正常稼働を監視できるヘルスチェックといった機能を、必要な時に必要なリソース分だけ、ワークロードに合わせて柔軟に変化させながら利用できます。

「プライベートクラウドサービス Type-S」の詳細(KVHのリリース)
http://www.kvhasia.com/information-center/press/midokura/


クラウドコンピューティングの導入は、便利さや簡易さから、パブリッククラウドを中心に広がりを見せています。一方、セキュリティやコンプライアンスへの懸念により、他社設備から物理的に隔離されたプライベートクラウドへの構築ニーズも高まっています。KVHの「プライベートクラウドサービス Type-S」は、資産管理やオペレーションをKVHが提供することでクラウドのメリットを維持したまま、完全に他社とは独立したクラウド環境を提供することで、セキュリティの確保、個別要件に沿ったカスタマイズ、パフォーマンス保証も実現しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング