リーズナブルなビデオ会議ソリューション「telyHD Pro」の受注を開始

@Press / 2014年7月31日 9時30分

Tely Labs社ロゴ
株式会社データコントロール(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:原 健人、)は、米Tely Labs社(Founder & CEO:Sreekanth Ravi)と販売契約を締結、同社製ビデオ会議製品「telyHD Pro」の受注を2014年7月31日に開始しました。

URL: http://www.datacontrol.co.jp/products/telylabs/index.html


個人向けやエンタープライズ向けのビデオ会議システムが一般的になって久しいですが、その浸透率は全企業の会議室における5%~10%程度であるといわれています。個人向けのビデオ会議システムは、会議室に向いておらず、エンタープライズ向けの本格的なビデオ会議システムはSOHOやリモートオフィス、商談スペースに設置するには大きく、費用も多くかかります。

「telyHD Pro」は、カメラやマイク、Wi-Fi/Ethernetなどのネットワーク機能もオールインワンで含まれたコンパクトなビデオ会議アプライアンスです。HDMIケーブル一本で会議室のプロジェクタに接続し、設定も付属のリモコンで、誰でも簡単にセットアップが可能です。オプションでUSB接続のノイズキャンセリング付きスピーカーマイクも接続できますので、5人、10人程度の人数であれば、大規模なビデオ会議システムを設置する必要もありません。
「telyHD Pro」に標準でバンドルされているtelyCloudというTely Labs社のクラウドサービスを利用すれば最大6拠点までの多拠点会議を行うことができます。また、SkypeやBlue Jeansなどのビデオ会議サービスやCiscoやPolycomのビデオ会議システムと相互に接続する互換性を持っておりますので、既にビデオ会議システム導入をしているユーザが、リーズナブルに利用範囲を拡大することにも適しています。


【機能と特徴】
「telyHD Pro」は、ビデオ会議システムのインフラとして欠かせない以下の要素を提供いたします。
●カメラやマイク、Wi-Fi/Ethernetなどのネットワーク機能をオールインワンで提供するアプライアンス
●最大6拠点までの多地点接続を実現するtelyCloudを標準バンドル(初年度のみ)
●Skype、Blue Jeansなどの相互接続をサポート
●標準SIPプロトコルをサポートし、Cisco、Polycomなどのビデオ会議システムとの接続も可能
●Windows、Mac向けアプリtelyShareでPCから簡単にコンテンツを共有
●わずか5Wの低消費電力設計

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング