アプリにおけるIP電話サービスの利用を可能にする「050 VoIP SDK」(仮称)を提供開始~アプリ開発・提供パートナーによる新サービス開発を支援~

@Press / 2014年7月29日 11時45分

 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、IP電話サービスと連携したスマートフォンアプリ(以下、アプリ)を簡単に開発できる「050 VoIP SDK(*1)」(仮称)を2014年10月上旬より提供開始予定です。
 なお、提供に先立ち「050 VoIP SDK」を活用したアプリ開発・提供パートナーの募集を2014年7月29日より開始します。


1.背景
 NTT Comはこれまで、スマートフォン向けIP電話アプリ「050 plus」および企業向けの「050 plus for Biz」を提供し、音声品質や電池消費量などの改善に取り組み続けてきました。
 昨今、アプリにおける機能の一つとして、これらNTT ComのIP電話サービスを利用したいというご要望を多くいただいていることから、「050 VoIP SDK」の提供を開始します。


2.概要
 「050 VoIP SDK」は、IP電話の発着信プログラムのライブラリ(*2)と併せて、アプリ開発者用ドキュメントやソースコード付きのサンプルアプリなどを提供するもので、任意のアプリ(iOS/Android対応)へ発着信機能を実装[別紙1参照]することが可能となります。これにより、アプリ開発パートナーの新たなビジネス機会の創出や、既存サービス強化[別紙2参照]を支援します。

[別紙1]
http://www.atpress.ne.jp/releases/49245/att_49245_1.pdf
[別紙2]
http://www.atpress.ne.jp/releases/49245/att_49245_2.pdf


3.特長
(1) IP電話に関する専門的な知識、ノウハウがなくても発着信機能の実装が可能
 SIPやRTP(*3)を用いたIP電話サービスを構築するための複雑なプログラムを最初から開発する必要がないため、高度な専門知識が不要です。

(2) NTT ComのIP電話ネットワークを利用するため、無料通話先が豊富
 本SDKを活用したアプリ同士の通話はもちろん、「050 plus」などNTT Comが提供するIP電話サービス[別紙3参照]との通話が無料(*4)で利用可能です。

[別紙3]
http://www.atpress.ne.jp/releases/49245/att_49245_3.pdf

(3) 専用の050番号で広がる利用シーン
 本SDKを活用したアプリでは、050で始まる電話番号を利用することが可能です。携帯電話用の070/080/090番号と使い分けるなど、050番号を活かした利用方法も想定できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング