「Japan Connected-free Wi-Fi」アプリが「DoSPOT」に対応~ 接続可能エリアは新たに約15,000AP拡大、全国約34,000APに ~

@Press / 2014年7月30日 16時0分

 エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(以下、NTTBP)が2013年11月より提供しているAndroid/iOSアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi(※1)」は、2014年7月31日より、NTT西日本グループのエヌ・ティ・ティ・メディアサプライ株式会社が提供する店舗向けWi-Fiサービス「DoSPOT(※2)」に対応致します。「DoSPOT」はNTT西日本の営業エリアに約15,000AP(2014年7月30日時点)設置されています。これにより、これまで提供済の対応エリアを含めた拠点数は全国約34,000APに拡大します。

 また、「DoSPOT」を利用して大阪観光局が提供する「Osaka Free Wi-Fi Lite」も、同日より接続可能となります。
今後も対応エリアを拡大することなどにより、訪日旅行客の更なる利便性向上に努めてまいります。


<「Japan Connected-free Wi-Fi」の新たな対応サービスエリア>
 エヌ・ティ・ティ・メディアサプライ株式会社(SSID:DoSPOT-FREE)
 大阪観光局(SSID:Osaka_Free_Wi-Fi_Lite)

※1「Japan Connected-free Wi-Fi」のサービスエリア情報など、詳細に関しては、下記を参照ください。
http://www.ntt-bp.net/jcfw/ja.html

※2「DoSPOT」は、公共施設や店舗などのオーナーが店舗等へWi-Fi(無線LAN)アクセスポイント(AP)を設置することで来訪者が誰でも気軽にインターネットを利用できる環境を構築できるサービスです。詳しくは、下記を参照ください。
http://www.do-spot.net/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング