嘘つきをなくすリサーチ法が誕生 試験運用に好結果を得て、8月1日より運用開始

@Press / 2014年7月30日 10時30分

 株式会社カノニカル(所在地:大阪市、社長:馬頭 正文)は、占い師の前で嘘をつく人がいないことに着目し、心理テストや占いに、社会活用を融合した世界初(※)のリサーチ事業「ココロリサーチ」を2014年8月1日より開始します。
※2014年7月当社調べ

ホームページ : http://cg-canonical.com/
        (または、検索で「株式会社カノニカル」)


●非科学と実社会を融合
 占いや心理テストで、人が嘘をつかない・適当な答えを言わない理由は、正確な結果を求めるからで、嘘をつくと最終の結果が無意味となるため、人は真剣に答えると言えます。
 本事業は、最終結果に連動されたリサーチを心理テスト内に築くことで、従来にない正確な意見として社会・市場分析に活用をすることができます。

 2013年末より協力企業6社で実証試験を実施しました。ヘッドスパ店では、ユーザーが関心を示す新たな特徴を発見し前年比185%となった効果を筆頭に、6社すべてで目標・売上増を達成、正確な意見の集積による市場活用に手ごたえをつかんでいます。


■発掘する「裸のココロ」に可能性
 例えば、夫婦間の不満をリサーチ(4択)した場合、「相手にどんな不満がありますか?」と聞くと、約半数が『不満はない』と回答します。
 「もし、次に結婚するとしたら、どんな相手にしますか?」と聞くと『いまの相手像』を選ぶ人は、2割程度です。
 差異はありますが、この2つは心理学的に完全に同一の質問です。人々の裸のココロを発掘すると、マーケティングや社会活用は、さらに効果あるものへ変貌すると考えています。


●開始に至った経緯
 約2年前よりFacebookを中心に占い・心理テストを展開しています。600万人以上の活用を機に、ユーザーが真剣に考えていることを滞在時間の長さから知り、市場・社会リサーチの可能性を模索しました。
 どんな分野の企業・調査にも活用頂けるよう約1年以上をかけ、神経言語プログラミング(NLP)を活用し1万パターン以上の正確な答えになる質問手法を築きました。


●従来リサーチの問題点
 従来のリサーチは、粗品などの謝礼がある場合や、好意の電話調査などにおいても早く終わらせたい心理が働き、有効な調査になりにくい問題点がありました。また、公開型のネット調査は、不満や意見を言いたい人の表現の場所になりやすく、調査としては、極端な結果が出やすいなど、どう人々の感情や意見分布をどう正確に反映させるかということが、経営や社会の判断として難しいものとなっていました
 本事業は、より正確に、より公平に、市場と社会の声を集めていきます。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング