カード決済システム『WebPay』、5大カードブランドの処理手数料を8月1日(金)より完全無料化

@Press / 2014年7月31日 11時0分

料金表
ウェブペイ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:久保 渓)は、“数行のコードでかんたんに導入できる”カード決済システム『WebPay』の1取引あたりの処理手数料を2014年8月1日(金)より完全無料にします。

『WebPay』: https://webpay.jp/


これまでJCB、American Express、Diners Clubに対しては、1取引あたり3.40%の決済手数料に加え、『WebPay』側の処理手数料10円が発生していましたが、今回の『WebPay』料金改定により処理手数料を無料にします。

これにより、2014年3月からすでに処理手数料を0円としていたVisa、MasterCardとあわせて、5大カードブランドすべての処理手数料が無料になります。そのため、デジタルコンテンツやサービスを提供する事業者の少額決済にも利用しやすくなりました。

今回の料金改定は、月額費用無料のスタータープラン、月額費用有料のプロプランのどちらでも、2014年8月1日(金)からのトランザクション(取引)に適用されます。(注:プランの詳細についてはPDF資料をご覧ください)
※PDF資料: http://www.atpress.ne.jp/releases/49356/att_49356_1.pdf


『WebPay』は、「業界最安水準」の決済手数料で、かんたんに誰もが利用できるサービスを提供します。今後も料金体系の透明性を高めて一層の料金改定を重ね、カード加盟店の負担を少なくしていきます。


【ウェブペイ株式会社について】
■ウェブペイ株式会社の概要
会社名: ウェブペイ株式会社(英語表記:WebPay, Inc.)
     https://webpay.jp/
代表者: 代表取締役CEO 久保 渓
資本金: 15,000,000円(資本準備金含む)
所在地: 東京都品川区東品川二丁目2-28 タチバナビル2F


■『WebPay』について
『WebPay』は、ECサイトやウェブサービス、モバイルアプリ向けのカード決済サービスで、わずか数時間で組み込める簡単なAPI、最短3営業日の審査期間、カード情報を加盟店側で処理・伝送・保存しないセキュアな決済システムを特長としています。誰もが低価格で使える透明性の高い料金体系により、スタートアップから大企業まで幅広い企業に支持されています。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング