<外食・中食 調査レポート>外食・アルコール市場 ~伸びる“ちょい飲み”需要のドライバーは?~

@Press / 2014年8月1日 12時0分

図表1
外食・中食市場情報サービス『CREST』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:松野 智吏)はこの度、外食・アルコール市場のトレンドについて調査・分析しました。

2014年6月29日、居酒屋大手のワタミが上場以来初の赤字に転落し、居酒屋の1割にあたる60店を閉店すると発表した。同社創業者の渡邊氏は居酒屋事業の不振の原因について「お酒を習慣的に飲む人の減少や、『チェーン店の安心感』が強みにならなくなったため」とコメントしている。
今回のレポートでは、外食でお酒が飲まれる機会についてエヌピーディー・ジャパン(株)が提供する外食・中食市場情報サービス『CREST[*1]』から探ってみる。


■居酒屋業態の食機会数[*2]は減少傾向
まず2013年における外食市場の食機会数の伸び率(2009年比)をみてみる(図表1)。

【図表1】2013年 外食市場 業態別
食機会数の伸び率(2009年比、食機会ベース、%)
http://www.atpress.ne.jp/releases/49425/img_49425_1.png

外食全体の伸び率は+2.1%と増加。なかでもファミレス業態は+7.9%増と全体以上に伸び率が高く好調の一方で、居酒屋業態は-11.2%と大きく減少している。さらにアルコールが飲まれる食機会に絞ると、外食全体では-10.1%減、居酒屋業態は-13.3%減とその伸び率はさらに減少している。
外食でアルコールが飲まれる食機会が減少する中、居酒屋業態ではその傾向がさらに顕著で、消費者の食機会を増やすことに苦戦している様子がうかがえる。


■14-17時台の“ちょい飲み[*3]”が伸びている
では、減少するアルコールが飲まれる食機会について、喫食シーン別にみるとどうだろう。図表2は外食でアルコールが飲まれる食機会における、滞在時間・時間帯の食機会数の伸び率を分析したグラフである(図表2)。

【図表2】2013年外食・アルコールが飲まれる機会の
滞在時間・時間帯別 食機会数の伸び率(2009年比、食機会ベース、%)
http://www.atpress.ne.jp/releases/49425/img_49425_2.png

時間帯別にみると、外食全体では11-13時台の伸び率が最も高い。一方アルコールが飲まれる機会に注目すると、14-17時台が5年前から唯一プラス成長(+1.1%)しており、さらに滞在時間60分以下に絞るとその傾向が強くなる(+1.4%)。
5年前と比べて全体のアルコールが飲まれる食機会数が減少するなかで、時間帯と滞在時間に注目すると、唯一14-17時台の“ちょい飲み”の食機会数が伸びているといえよう。

@Press

トピックスRSS

ランキング