ビッグデータを利用し、運転意識向上と車両関連コスト削減を実現する「Pdrive」サービスを提供開始

@Press / 2014年8月4日 10時30分

「Pdrive」システムイメージ
 株式会社エコモット(本社:北海道札幌市、代表取締役:入澤 拓也)は、車両運行管理システム「Pdrive(ピードライブ)」のサービスを、2014年8月より開始しました。

「Pdrive」
http://www.ecomott.co.jp/service/pdrive.html?utm_source=20140804


 本システムは3G通信モジュールを搭載したドライブレコーダーとクラウドアプリケーションの組み合わせによって、車両の運行をリアルタイムで「見える化」するほか、収集したビッグデータをもとにさまざまな統計・分析が可能となるものです。

 管理者が全管理車両の現在位置を把握できるのはもちろん、ドライバーの安全運転評価ランキングによって、これまで見えていなかった危険運転の存在をドライバー自身が認識することで安全運転意識が高まり、燃費向上や事故削減の効果によって車両関連コストの低下を実現します。


■背景
 燃料費や自動車保険料の高騰、道路交通安全マネジメント規格の策定などを背景として、企業が車両コスト削減とCSR推進の両面から対策を求められている現状を踏まえ、本システムを提供いたします。


■「Pdrive」の特長
【ドライバーの安全運転意向上により事故を防止】
 急ハンドル、急停止、急発進等が検知された際に、車載端末のブザーによってドライバーに注意を促します。更にクラウド上で集計する運転評価ランキングによって客観的な評価と指導を行うことによって、ドライバーの安全運転意識が向上し、事故を未然に防ぐことが可能になります。

【業務効率の向上】
 車両の配置全体を俯瞰することができることから、営業車両の最適配置によって営業機会損失が減少します。また3G通信によるデータアップロードと日報作成機能により、従来ドライバーが個別にデータをパソコンにコピーするなどして報告書類の作成に費やしていた時間が削減され、業務効率が向上します。

【車両関連コストの削減】
 安全運転意識の向上により、事故処理費用や自動車保険料、車両修理費等のコストを削減します。また安全運転に伴って走行時の燃費向上が期待されます。


■「Pdrive」詳細ページ
http://www.ecomott.co.jp/service/pdrive.html?utm_source=20140804


■会社概要
商号  : エコモット株式会社
代表者 : 代表取締役 入澤 拓也
所在地 : 〒060-0031 北海道札幌市中央区北一条東2丁目5番2号
      札幌泉第1ビル1階
設立  : 2007年2月
事業内容: IoT(M2M)プラットフォーム事業/ロードヒーティング遠隔監視/
      各種IoTソリューションの運用・開発
資本金 : 5,350万円
URL   : http://www.ecomott.co.jp/



【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
エコモット株式会社
Tel:011-558-6600

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

「Pdrive」設置イメージ

@Press

トピックスRSS

ランキング