アジア13か国が集う文化芸術に関する国際会議が9月12日から川崎にて開催 テーマは『実演芸術の力~ アジア各国の文化戦略を学ぶ ~』

@Press / 2014年8月5日 9時30分

第32回 FACP 2014 日本会議 in 川崎
 現在アジア13の国と地域からなる文化芸術に関係する団体の加盟組織であるFederation for Asian Cultural Promotion(アジア文化芸術交流促進連盟、以下 FACP)は、この度、19年ぶりに文化庁及び川崎市の助成を受けて、昭和音楽大学にて2014年9月12日(金)~13日(土)、文化芸術に関する国際会議「第32回 FACP 2014 日本会議 in 川崎」を開催いたします。

詳細URL: http://www.facp.jp/p/conference.html


 今回開催される「第32回 FACP 2014 日本会議 in 川崎」のテーマは『実演芸術の力~ アジア各国の文化戦略を学ぶ ~』です。会議には英国で人気を博し、大英帝国勲章を受勲したギャレス・マローン氏を特別にお迎えするほか、「アジアにおけるオーケストラ発展の意義」、NHKの全面協力によるテクノロジーと文化のコラボレーションをテーマにした議題などが取り上げられる予定です。
 アジア各国から舞台芸術振興を主導する様々な関係者が一斉に集い、熱い2日間が繰り広げられます。


■開催概要
会議名   : 第32回 FACP 2014 日本会議 in 川崎
テーマ   : 実演芸術の力~ アジア各国の文化戦略を学ぶ ~
基調講演  : ギャレス・マローン(イギリス、合唱指揮者)
日時    : 2014年9月12日(金)~13日(土)
会場    : 〒215-0021 神奈川県川崎市麻生区上麻生1-11-1
       昭和音楽大学(新百合ケ丘)
参加料   : 28,000円(税込)
       ※参加料には、2日間のランチ、12日の夜の夕食、
        AGA公演入場料(2,800円)が含まれております。
お申込みURL: http://registration.facp.asia/japanese
実施内容  : (1) パネルディスカッション1
         国家文化戦略
       (2) パネルディスカッション2
         8Kテクノロジーが拓く新たなアートの世界
       (3) パネルディスカッション3
         アジアにおけるオーケストラ発展の意義
       (4) ケーススタディ1
         芸術と社会発展
       (5) マルコ・ガンディ(イタリア、オペラ演出家)講演
         オペラについて
       (6) ケーススタディ2
         国境を越えたアジアのネットワーク連携システム


■FACP 2014 日本会議 in 川崎 組織委員会
福地 茂雄(委員長):公益財団法人新国立劇場運営財団顧問(前理事長)
伊藤 京子    :公益社団法人日本演奏連盟理事長
川村 恒明    :日本音楽芸術マネジメント学会理事長
中村 紘子    :ピアニスト
南部 靖之    :株式会社パソナ 代表取締役グループ代表
野村 萬     :公益社団法人日本芸能実演家団体協議会会長
日向 英実    :公益財団法人NHK交響楽団理事長
福田 紀彦    :川崎市長
藤原 洋     :株式会社ブロードバンドタワー代表取締役会長兼社長CEO、
          工学博士
牧 阿佐美    :新国立劇場バレエ研修所所長
米倉 誠一郎   :一橋大学教授


■FACP 2014 日本会議 in 川崎 実行委員
茂田 雅美(実行委員長):株式会社アスペンCEO
福田 成康(事務局長) :一般社団法人全日本ピアノ指導者協会専務理事
小山 久美      :公益財団法人スターダンサーズ・バレエ団常務理事
佐藤 修悦      :株式会社コンサートサービス代表取締役
下八川 共祐     :昭和音楽大学理事長
関田 正幸      :公益財団法人ジェスク音楽文化振興会専務理事
中坪 功雄      :公益社団法人全日本郷土芸能協会常務理事
大和 滋       :公益社団法人日本芸能実演家団体協議会参与

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング