日本初開催!マレーシア医療ツーリズムが本格的に始動!『マレーシア日本国際ヘルスケアカンファレンス』8月15日(金)・16日(土)於:ホテル グランパシフィック LE DAIBA(お台場)

@Press / 2014年8月5日 12時0分

マレーシア医療ツーリズム
MHTC(マレーシア医療観光協会:Malaysia Healthcare Travel Council、所在地:マレーシア)と日本アジアクロス株式会社は「医療観光」をテーマとする『マレーシア日本国際ヘルスケアカンファレンス』(MJIHC2014)を、8月15日(金)・16日(土)の2日間、東京お台場のホテル グランパシフィック LE DAIBA(東京都港区)にて共同開催致します。15日(金)は、マレーシア側から在日マレーシア大使や首相局と保健局の両局にまたがる特別外郭団体のMHTC及び観光局、日本側からも官公庁の関係者が参加。また両国の医療に従事する病院・医学・製薬メーカーなど関係者が一堂に会し、現在のマレーシアと日本における「医療観光」についての本格的なカンファレンスを行います。また翌16日(土)は、一般開放の日とし、マレーシア文化に親子で楽しみながら接して頂ける「マレーシアフェア2014」を開催致します。


■概要
日本の医療水準や医療機器のブランドは世界で高い信頼を得ております。しかしながら、現在の国際医療市場では医療レベルだけでなく「サービス」が伴わなければならない時代へと変化してきております。この点では日本はまだ多くの課題が残されております。一方、昨年77万人の国際医療患者が訪れたマレーシアでは、様々な点で医療サービスが充実しており、まさに日本の国際医療戦略への参考となる国でもあります。会期中は、親日の国マレーシアと日本が協力することで、両国の関係に留らず、アジア圏全体やグローバル市場への道も開けるよう、闊達な意見が交わされます。

『マレーシア日本国際ヘルスケアカンファレンス』(MJIHC2014)
特設サイト: http://www.mjihc.jp (2014年8月6日サイトオープン予定)


■マレーシアの医療
マレーシアへの世界からの旅行者数は年間2,500万人で世界10位。マレーシアの医療はイギリスからの継承で、現在では一流の医療水準に到達。政府の全面バックアップ及びサポートのおかげで、国際医療患者受入数は前年の倍近くである77万人を達成しています。多文化、安定した政治(民主国家で同一政権世界最長の56年間)、親日(Look East Policy 2.0)が主な要因となります。本プログラムは2008年にスタートし2012年より活動を本格化。

<マレーシアの国際医療患者受入数推移と
2013年国別国際医療患者数ランキング>
http://www.atpress.ne.jp/releases/49540/img_49540_2.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング