昼寝で夏バテ解消が大人気「8分以内に眠らせるアタマ専門店」暑くなるほど大盛況

@Press / 2014年8月5日 9時30分

『悟空のきもち』 ロゴ
日本で最初の頭の専門店『悟空のきもち』(本店 京都市)を運営する株式会社ゴールデンフィールド(社長 金田 淳美)の、頭の筋肉に精通し脳に直接届き、誰でもすぐに眠らせる頭専門のほぐし技術が人気を賜っています。

今年4月に厚生労働省が11年ぶりに改訂した睡眠指針では、国として30分以内の昼寝を推奨するなど、疲労回復に昼寝が注目されていることを裏付けるように、暑い日ほど満席が続き大人を寝せる頭ほぐし技術が、夏の疲労回復に活用されています。

頭の揉みほぐしは、脳の疲れに届くほぐしとして、施術後、頭が冴えわたるというビジネスマンの反響や、女性に多い不眠の方が眠れるようになった等のお客様の支持や、医師など医療従事者の推薦やクチコミもあり、代表Facebookはマッサージやエステ・ヘッドスパなど各分野で、個人のページにも関わらず全国1位となる約10万人に支持を賜るなど、人気は拡大しています。


■脳の疲れが夏バテの場合も
「寝ても眠い」「疲れる作業をしていないはずなのに体がだるい」という場合、ストレスなどで脳が疲労し、休めるために体のだるさ・眠さを脳が指示していることがあります。
頭は、専門の技術をもって揉みほぐすと眠気取りはもちろん睡眠や脳疲労の改善にも効果が高く、企業からは、うつ病など社員の精神的ストレスの緩和や、アイデアのいる会議前に福利厚生で利用されるなど、現代人の新たな疲労回復法として、脳の回復がいま注目されています。


●ヘッドマイスターは、寝せるスペシャリスト
頭の揉みほぐしの専門家ヘッドマイスターは、本来、不眠や脳疲労の改善などを目的に手技や頭の構造理論など習得経験を積んでいます。
その技は脳を癒し、眠った状態でこそ効果が高いことから、眠らせる技術も追及。施術開始から8分以内に、ほぼすべての人が深い眠りにつく、頭に触れる技術に代表される「大人を寝かせるスペシャリスト」としても活躍しています。


●『悟空のきもち』の主な特長
■店舗営業は、朝12時~夜21時30分
■料金は2,000円からございます。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング