太陽光パネル用自己洗浄・メンテナンス剤“サーファシールドG”の耐候性テストを実施

@Press / 2014年8月5日 13時0分

反射防止効果
 NanoPhos-Japanを手掛ける株式会社GLI(所在地:愛知県名古屋市、代表取締役:佐伯 達也)は、先日販売開始した、太陽光パネル自己洗浄剤“サーファシールドG”の耐候性テストと暴露実証テストを行いました。

■サーファシールドG http://www.nanophos.jp/shield_g/

http://www.atpress.ne.jp/releases/49565/img_49565_2.jpg
▲河南省許昌市(上段2段 未塗布/下段2段 コーティング)


 NanoPhos社(※1)は、中国国内にて、“サーファシールドG”の紫外線照射(IEC61215に基づく)とサンドブラスト(原理:GB/T 2423.37-2006の試験に基づく)による耐候性テストと、既設の太陽光パネルによる発電量比較テストを行いました。
 耐候性テストは、親水性効果と光を受ける表面積を稼ぐために使用される“フュームドシリカ”をコーティングしたガラスと、光の透過率を比較し、テストを行いました。
 どちらのテスト結果も、“クリア(未塗布)ガラス”、“フュームドシリカ塗布ガラス”、“フュームドシリカの上にサーファシールドGを塗布したガラス”に比べ、“サーファシールドGのみを塗布したガラス”の劣化が少ないことが実証されました。


■ガラスの透過率データ対比
http://www.atpress.ne.jp/releases/49565/img_49565_4.jpg

 上記の結果、耐塵テスト後、フュームドシリカコーティングガラスの上にサーファシールドGを塗布したガラスと、クリア(未塗布)ガラスに直接サーファシールドGを塗布したガラスとでは、3%近く減少比率の差がでました。
 これは、フュームドシリカが紫外線や飛来物の衝突による影響で剥がれてしまうことを意味します。
 サーファシールドGはガラスに化学的に強力に結合するため、過酷な環境下においても剥がれる事なく透過性を維持します。すなわち、サーファシールドGをコーティングした太陽光パネルは、未塗布ガラス、もしくはフュームドシリカコーティングガラスに比べ、紫外線劣化を抑え、砂埃や黄砂などの飛来物からの衝突摩擦に強く、ガラスの光の透過性を長期間持続させます。

 また、発電量の実証比較テストでは、北京市内のテスト施工現場で、開始後約2ヶ月で10%前後の発電量の増加が見られた他、別のテスト現場でも、3%~5%の違いが確認されております。
 北京市内では、深刻な空気汚染が問題となっており、保護をしていない太陽光パネルには多くの汚れが付着した結果と思われます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング