東京大学と株式会社 エプコが産学共同研究を開始 ~自治体の電力小売り参入を見据えて電力需要予測技術開発の加速を目指す~

@Press / 2014年8月5日 14時0分

国立大学法人東京大学(総長:濱田 純一、以下 東京大学)と株式会社 エプコ(本社:東京都足立区、代表取締役グループCEO 岩崎 辰之、以下 エプコ)は、電力の低圧需要家で構成されるエリア内の電力需要予測技術に関する産学共同研究契約を締結いたしました。


電力需要予測技術は、家庭向け電力小売り事業を行う際に必要不可欠となる技術であり、2016年の全面自由化までに需要予測に有効な技術確立が急がれています。
本研究により、東京大学とエプコは需要予測技術開発の更なる加速を目指します。

詳細は下記をご確認ください。
http://www.atpress.ne.jp/releases/49569/att_49569_1.pdf

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング