キッセイコムテック、「SmartLibrary」の価格を業界最安に改定 幅広い層にクラウドでのコンテンツ管理システムを提供

@Press / 2014年8月7日 9時30分

キッセイコムテック株式会社(本社:長野県松本市、代表取締役社長:神澤 鋭二)は、タブレット向けコンテンツ管理システム「SmartLibrary(スマートライブラリー)」のクラウドサービス価格を改定し、業界最安価格(※注)でご提供する新プランを設定、8月8日よりサービスを開始します。

※注 iPad、Windows 8タブレットに対応したコンテンツ管理システム:20ユーザ利用時の月額料金
(2014年8月1日現在、Web等の公開情報に基づく当社調査結果)


SmartLibraryは、タブレット端末の特性を活かしたタッチ操作による簡単・快適なコンテンツ閲覧性とリーズナブルな価格で好評をいただいており、業種や業務を問わず「タブレットを活用して業務効率化を図りたい」というお客様に多数ご利用いただいております。システム提供形態としては、システム一式販売型のパッケージ導入タイプと初期投資が不要なクラウドサービスの2つのプランをご用意してきました。

昨今のタブレット端末の普及に伴い、もっと安価に気軽にサービスを利用したい、初期投資を抑えてスモールスタートで様子を見ながら利用を拡大していきたい、という中~小規模の利用ニーズも増えてきています。
このようなお客様からのご要望に対応する為、クラウドサービスの内容を見直し、利用規模が小さいお客様にはより安価にサービスをご利用いただけるよう、初期費用不要で月額18,000円からご利用いただけるリーズナブルなサービス価格を実現しました。タブレット端末向けコンテンツ管理システムは、多数の競合製品やサービスが存在しますが、当社クラウドサービス価格は業界最安です。また、より安定した専用環境で運用したいというお客様向けには、1社1台の専用サーバー環境でご利用いただく「エンタープライズプラン」もご用意しましたので、お客様のニーズに応じて最適なサービス形態を選んでいただくことができます。

今後も「スマートデバイスとクラウドサービスの活用」という時代の要請と、お客様のニーズに対応した製品やサービスを展開していく予定です。


■SmartLibrary(スマートライブラリー)システム概要
<概要>
製品カタログや営業用資料、プロモーションビデオや会議資料、マニュアル等、様々なコンテンツをサーバーで一元管理すると共にタブレット端末上で簡単・快適に閲覧、共有することができるシステムです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング