セカンドスクリーンによる映像コンテンツのバリアフリー化、マルチリンガル化の支援サービス「UDCast」提供開始 ~企画提案から導入のコンサルティングまでトータルでサポート~

@Press / 2014年8月6日 18時0分

「UDCast」ロゴ
 映画や放送番組の字幕や音声ガイドの制作を手掛けるPalabra株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:石原 由之、以下 Palabra)は、スマートフォンやタブレットPC、ウェアラブル端末などのセカンドスクリーン上に、多言語での字幕(文字情報)や音声ガイド、手話映像などを配信する仕組みを活用し、映像コンテンツのバリアフリー化、マルチリンガル化のための情報保障の支援サービス「UDCast」(UDキャスト ※商標出願中)を展開いたします。

「UDCast」: http://udcast.net/


 Palabraでは、メディアやコンテンツのバリアフリー化に取り組むNPO法人メディア・アクセス・サポートセンター(所在地:東京都中野区、理事長:山上 徹二郎、以下 MASC)が、日本エヴィクサー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀧川 淳、以下 エヴィクサー)の音声透かしの技術協力を得て開発したセカンドスクリーンによる情報保障の仕組みを活用し、映画・放送業界で培ってきた聴覚障害者向けのバリアフリー字幕および外国人向けの多言語字幕、視覚障害者向けの音声ガイドなどの制作ノウハウを生かしながら映像のバリアフリー化、マルチリンガル化のトータルでの企画提案、導入のコンサルティングを行います。


■市場背景
 市場背景として、2014年1月には国際連合の「障害者の権利に関する条約」が国内でも批准され(世界で141番目)、2016年4月には国内法の「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」が施行予定であることから、今後、公共施設などを中心にバリアフリー化が加速していくと見られています。また、2020年の東京オリンピック、パラリンピックに向けてVISIT JAPAN構想の中、日本を訪れる外国人の増加が予想されることから、さまざまな言語によるマルチリンガル対応も課題となってまいります。そうした課題をスマホやタブレットPCなどのセカンドスクリーンを使って、手軽かつスマートに解決できるのが「UDCast」(UDキャスト)のサービスです。


■サービス導入例
 2014年8月8日(金)~9月15日(月)、「江戸東京博物館」1Fの映像ホール(東京都墨田区横網1-4-1、 http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/ )にて、「UDCast」サービスを導入します。日本語字幕、英語字幕、日本語音声ガイドを同時配信。目の前のスクリーンの映像を見ながら、お手持ちのスマホなどのセカンドスクリーンで字幕や音声ガイドをご利用いただけます。(詳細→ http://udcast.net/ )

@Press

トピックスRSS

ランキング