「Webサイト価値、ANAが1位」 ― 日本ブランド戦略研究所調べ ― 2位にJAL、3位にトヨタ自動車

@Press / 2014年8月18日 9時30分

 日本ブランド戦略研究所(本社:東京都港区、代表者:榛沢 明浩)は、日本の有力企業240社(一部はブランドを含む)のWebサイトの価値を調査した。


■1位は全日本空輸(ANA)
 Webサイト価値で1位となったのは全日本空輸(ANA)で、1,108億円であった。2位は日本航空(JAL)で870億円、以下、トヨタ自動車が854億円、NTTドコモが795億円となった。


■Webサイト価値ランキング
順位/企業・ブランド名/Webサイト価値(百万円)
----------------------------------------------------------------------
1 全日本空輸        110,773
2 日本航空          87,004
3 トヨタ自動車        85,398
4 NTTドコモ         79,473
5 アップル          74,991
6 ソフトバンク        61,946
7 ホンダ           61,442
8 積水ハウス         59,351
9 ソニー           57,669
10 au             57,334
11 パナソニック        54,716
12 サントリー         53,394
13 日産自動車         41,231
14 ベネッセコーポレーション  40,818
15 大和ハウス工業       37,568
16 DHC            36,740
17 JR東日本          36,563
18 日本コカ・コーラ      36,101
19 ヤマト運輸         34,181
20 JTB            32,983
----------------------------------------------------------------------

<調査内容>
 事業に対する貢献度に基づいてWebサイト価値を評価した。
調査はアンケート調査およびネット視聴率調査による。
アンケート調査は2014年6月のインターネットによる。
アンケート回答者は全国の一般消費者で有効回答数は21,190人。
ネット視聴率は当社ネット視聴率調査システムReachNextによる。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://japanbrand.jp/we


<日本ブランド戦略研究所について>
 ブランド戦略やWeb戦略に関するコンサルティング会社。企業に対するコンサルティングのほか、ブランドやWebサイトに関する定期的な調査を行い、発表している。
 Webサイトに関する主な定期調査には、Webサイトの価値を総合的に評価する「Web Equity」、企業情報をユーザーが評価する「企業情報サイト調査」、BtoBサイトのビジネス貢献度を評価する「BtoBサイト調査」がある。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング