日本最大級規模の定期開催型マルシェ「太陽のマルシェ」開催 約1万人が来場!1周年を目前に累計来場者数約18万人! 次回開催では1周年を記念した「記念イベント」を実施予定 ~2014年9月13日(土)、14日(日)東京都中央区勝どき~

@Press / 2014年8月5日 18時0分

太陽のマルシェ会場の様子
太陽のマルシェ実行委員会は、2014年8月2日(土)・3日(日)に高層ビルに囲まれた都心の真ん中、東京都中央区勝どきにて、日本最大級規模の定期開催型マルシェ「太陽のマルシェ」( http://www.timealive.jp )を開催しました。太陽のマルシェは2013年9月に開催されて以来、毎回1万人以上が来場する都市型マルシェです。8月の太陽のマルシェでも、出店数約100店舗、2日間で延べ約1万人が来場しました。また、初回開催の2013年9月から毎月開催し、来月9月13日(土)・14日(日)の開催で1周年を迎えます。1周年を目前に合計の来場者数は約18万人となり、中央区・勝どきエリアのシンボルとして根付くとともに、日本最大級規模の都市型マルシェとして定着しています。


8月の太陽のマルシェでは、親子皆で夏休みを満喫できる企画として、夏バテ予防にぴったりの多様なカレーが味わえるキッチンカーが大集結したほか、夏休みの自由研究にぴったりの工作ワークショップを実施しました。その他、「モロヘイヤ」「ズッキーニ」などカレーに合う希少な「夏野菜」も全国各地から集まりました。さらに、「隅田川テラス」を第二会場とし、20種類以上の世界のビールが味わえる「ビールフェス」を開催しました。次回の「太陽のマルシェ」は9月13日(土)・14日(日)に開催予定となっており、開催1周年を記念した「記念イベント」を実施予定です。その他にも、全国各地のご当地アンテナショップ企画も実施予定です。


太陽のマルシェ会場では、来場者から「普段目にすることのない希少な野菜や果物を試食しながら買うことができて、毎回楽しみにしています。」や、来月の1周年を間近に「初回開催からずっと盛況で、今後も勝どきの街のシンボルとして発展していくことを期待しています。」などの声があがりました。また、出店社からも、「消費者と直接触れ合いながら販売できるのはマルシェならではです。」、「マルシェに出店するようになり、新しい販路ができました。」という声があがりました。

また、勝どきで開催されている太陽のマルシェをはじめとして、六本木や青山など都心で開催される都市型マルシェが増加傾向にあります。その中でも、太陽のマルシェは「食べる・買う・学ぶ・体験」ができる新しい都市型マルシェを目指しています。実際の会場でも、太陽のマルシェオリジナルの「夏野菜たっぷりのキーマカレーピッツァ」をはじめ、「ベジカレー」、「バターチキンカレー」など、絶品カレーを家族皆で楽しんでいる姿が多く見受けられました。また、学ぶ・体験として、糖度計を使って果物や野菜の甘さを測り、画用紙にまとめる夏休みの自由研究ワークショップやダンボールでカブトムシのクラフトを制作する工作ワークショップなどが行われ、子どもたちも楽しみながら体験していました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング