シングルモルト『タリスカー ストーム』が東京国立博物館にてイベント開催 9月8日、プロジェクションライブで一夜限りの“スカイ島の嵐”を再現

@Press / 2014年8月6日 17時30分

タリスカー ストーム 製品画像
スコットランド・スカイ島が育む孤高のシングルモルトウイスキー、タリスカー。そのタリスカー蒸留所から昨年リリースされ、全世界で爆発的な人気を博した『タリスカー ストーム』。
タリスカーらしさを追及した、潮風と黒胡椒の風味溢れるラギッドな味わいは、世界中のウイスキーファンを虜にし、米国のウイスキー専門誌、Whisky Advocate誌において、2013年のハイランド・アイランド部門のシングルモルト・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、イギリスで行われた世界的な酒類コンペティション「第19回インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC:International Spirits Challenge)2014」において金賞を受賞するという高い評価を得ています。

この度、日本においても昨年10月にリリースし、ファンを徐々に増やしている「タリスカー ストーム」にフォーカスし、そのラギッドな味わいと、タリスカーの故郷、スコットランド・スカイ島の荒々しい自然環境がもたらすストーム(嵐)を五感で感じるイベント、“BRING ON THE STORM”を9月8日(月)に東京・上野の東京国立博物館 法隆寺宝物館にて開催いたします。


プロジェクターからの映像とライブパフォーマンスを融合させた「プロジェクションライブ」のパイオニアとして海外でも高い評価を得ている パフォーマンスアーティスト、サカクラカツミ氏(ORIENTARHYTHM)が、東京にスカイ島のストームを再現すべく、現地スカイ島に実際に赴き、スカイ島の厳しい自然環境から得たインスピレーションを元に創作した新作「STORM」のパフォーマンスを世界初披露いたします。タリスカー ストーム片手に是非五感で迫力溢れるパフォーマンスを体験してください。

会場となる東京国立博物館 法隆寺宝物館は明治11年(1878年)に奈良・法隆寺から皇室に献納され、戦後国に移管された、7世紀の宝物を含む約300件を収蔵・展示しています。ニューヨーク近代美術館新館や葛西臨海水族館などを設計した、日本を代表する建築家である谷口吉生氏のデザインによる、モダンとクラシックが融合した建物です。当日は建物全体がタリスカーブルーにライトアップされ、一夜限りの「スカイ島の嵐」が表現されます。

ドリンクはタリスカー ストームのストレートや、オン・ザ・ロック、定番となった挽き立ての黒胡椒をかけたスパイシーハイボールに加えて、株式会社日比谷Bar様のご協力をいただき、同社主催のカクテルコンペティションの上位入賞者によるタリスカー ストームを使ったオリジナルカクテルをサーブいたします。また、料理研究家 秋場奈奈氏による、タリスカー ストームとのマッチングを考え抜いたフィンガーフードも提供され、タリスカー ストームの幻想的な世界観を体験いただけます。

@Press

トピックスRSS

ランキング