グリーとBIGLOBEがモバイルゲームおよび高速モバイル通信サービスの品質向上に向けて共同で技術検証を実施~BMP技術を活用したネットワーク管理の高度化を確認~

@Press / 2014年8月11日 11時15分

BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2014/08/140811-a


 グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 良和、以下 グリー)とビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:古関 義幸、以下 BIGLOBE)は、ゲームサービスおよび高速モバイル通信サービスの品質向上を目指し、共同で技術検証を実施いたしました。

 モバイルゲームにおけるデータ通信の遅延はユーザーに対してストレスを与え、ゲームのエンターテインメント性を損ないます。そのため、ゲームデベロッパーにとっては死活問題であり、モバイルゲームの高品質な運用をするうえで大きな課題となっています。こうした課題は、モバイルゲーム事業者だけでは解決が難しく、ゲームとユーザーをつなぐ役割を担うインターネットプロバイダとの連携が不可欠です。今回、モバイルゲームなどを提供するグリーと高速モバイル通信サービスなどを提供するBIGLOBEが連携し、ネットワーク接続状態の詳細をリアルタイムに把握可能になるBMP技術(注1)により、ネットワークの管理を高度化できることを確認いたしました。


 今回の技術検証の概要は以下の通りです。


1.グリー、BIGLOBE間において、ネットワーク接続の管理が高度化できることを確認
 現在標準化が進められているBMP技術により、両社間のネットワーク接続管理の高度化が可能か、複数の装置を用いて検証しました。このたびの検証では、両社間のネットワークに異常が発生した場合には、故障原因を速やかに特定し、早期に復旧することができました。これにより、BMP技術が高品質なゲーム運用を支える有力な技術であることが確認されました。なお、ネットワークの異常を早期に復旧することで、ゲームユーザーは、「ゲームの操作が重い」、「操作のタイミングが合っていない」といったストレスなく、快適にモバイルゲームを楽しむことが可能になります。


2.検証結果を広く開示し、BMP技術の標準化や発展に貢献
 このたびの検証の結果をもとに、BMP技術の標準化および実装に不足している部分、今後開発されるソフトウエアに必要な技術要件などを広く開示し、本技術の標準化活動や、関連ソフトウエアの開発に貢献します。検証内容や結果の詳細は、JANOG34ミーティング(注2)にて発表したほか、検証に参加したエンジニアによる寄稿を両社の「テックブログ」(注3)にそれぞれ掲載しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング