『Ban汗ブロックロールオン』が発売5カ月で累計販売個数250万個を突破

@Press / 2014年8月11日 12時0分

Ban汗ブロックロールオン
 ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)が2014年2月12日に新発売した制汗剤『Ban汗ブロックロールオン』は、「ワキ汗を抑えることで汗ジミを気にしない」という着眼点が生活者のニーズに合致し、独自技術の採用による使用実感が高く評価されて売上を伸ばし、発売5カ月で販売個数250万個を突破しました。


1.発売後の状況
 『Ban汗ブロックロールオン』は、2月の発売以来、5カ月で累計販売個数250万個を突破しました(※1)。また、売上は計画の240%(対2-6月計画)となりました。そして、『Ban汗ブロックロールオン』がけん引して、制汗剤の女性向けロールオンカテゴリーは対前年比1.4倍(※2)(2-6月)に拡大しました。
※1 当社調べ
※2 インテージ SRI 制汗剤市場 2014年2月~2014年6月 累計販売個数前年比


2.販売好調の要因
(1)「ワキ汗による汗ジミ」は、人からの視線が気になる!というニーズに着目
「ワキ汗による汗ジミ」に対して、女性は人からの視線を気にして、「恥ずかしい」と感じています。『Ban汗ブロックロールオン』は、こうした「汗ジミ」という心配ごとに対し、「ワキ汗」を抑えることを対策として前面に打ち出し、分かりやすく伝えることで、女性のニーズを喚起しました。つまり、これまでの制汗剤が、おもに「ニオイ予防」「サラサラ感」など、嗅覚や触覚に訴えるコンセプトなのに対し、「視覚」に訴えるという新たな着眼点でアプローチし、生活者の共感を得ることに繋がったのです。

(2)“汗が出る前にワキ汗をブロックする”制汗剤
『Ban汗ブロックロールオン』は、当社独自のマイナスイオンポリマー配合処方により“肌にしっかり密着させる”独自技術、そして「ナノイオンブロック効果」により“汗が出る前にワキ汗をブロックする”技術を採用した制汗剤です。使用者の約7割が使用感に「満足」と回答しており、リピート購入に繋がりました。

(3)悩みをポジティブに伝えるプロモーションの工夫で共感を獲得
「ワキ汗」という悩みに対し、明るくポジティブに伝えるプロモーションを展開し、生活者の共感を得ました。「ワキ汗による汗ジミ」が最も気になる場面は「朝の通勤時(71%、当社調べ)」であることに着目し、電車のつり革を持つシーンを描いたCMや電車の車内広告を展開しました。

<コミュニケーション施策>
・TVCM「汗ブロックロールオン つり革」篇(抜粋)
http://www.atpress.ne.jp/releases/49728/img_49728_4.jpg
http://www.atpress.ne.jp/releases/49728/img_49728_5.jpg
http://www.atpress.ne.jp/releases/49728/img_49728_6.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング