名匠・山田洋次監督が描く、恋愛映画 『小さいおうち』U-NEXTで配信スタート

@Press / 2014年8月8日 11時0分

小さいおうち 画像1
株式会社U-NEXT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:宇野康秀)が運営する映像配信サービスU-NEXT(以下、「U-NEXT」:http://unext.jp)では、平成26年8月8日より、『小さいおうち』の配信(※1)を開始いたします。

『小さいおうち』は、「別册文藝春秋」にて平成20年11月号から平成22年1月号まで連載され、第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、日本映画界の名匠・山田洋次が実写映画化したラブストーリーです。

東京郊外の“小さいおうち”で起こった小さな恋愛事件の真実が、昭和と平成の二つの時代を通して描かれています。

とある屋敷の女中だった親類が残した大学ノートを手にした青年、健史(妻夫木聡)がそこにつづられていた恋愛模様と、その裏に秘められた意外な真実を知る姿をハートウォーミングかつノスタルジックに描き出し、“小さいおうち”に封印された秘密が60年の時を経て紐解かれていくストーリー展開には、目が離せません。

主演の松たか子を筆頭に、黒木華、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子ら、実力派やベテランが集結し、女中のタキを演じる黒木華は第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞しております。
“小さいおうち”のセットに使われている調度品や飾られている花、壁の色なども、当時のセンスや雰囲気をよみがえらせようと、すべて考えに考えぬかれており、昭和モダンの建築様式を徹底再現した舞台には、目を見張ります。

昭和デザインの美を感じることができる、時子(松たか子)の着こなすモダンな着物や髪型をはじめ、周りの人々のファッションにも注目です。

監督の情熱から生まれたかつてない意欲作となる、『小さいおうち』をPPV(ペイ・パー・ビュー)(※2)で配信いたします。なお、DVD ・ブルーレイの発売と同日配信となっております。



▼小さいおうち
【配信期間】平成26年8月8日~平成27年8月7日
【価格】400円(税抜)/2日間<PPVでの配信>


【小さいおうち】
昭和11年、東北地方から出てきた純朴な少女・布宮タキ(黒木華)は、東京郊外に建つ、赤い三角屋根の小さくてモダンな屋敷で女中として働き始めた。最初は、家の主人である平井雅樹(片岡孝太郎)とその妻・時子(松たか子)、二人の間に生まれた息子の恭一とともに、穏やかな日々を送っていた。
そんなある日、雅樹の部下、板倉正治(吉岡秀隆)という青年が現れ、タキは時子の心が揺れていることを、敏感に感じ取っていた。それから60数年が経ち、タキの親類である荒井健史(妻夫木聡)は、晩年のタキ(倍賞千恵子)が大学ノートにつづった自叙伝を読み、これまで秘められていた真実を知ることに…。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング