UEIが設立したCG研究機関“UEIリサーチ”、世界最大のCGカンファレンス「SIGGRAPH 2014」で発表

@Press / 2014年8月8日 15時0分

UEIリサーチロゴ
 株式会社ユビキタスエンターテインメント(以下:UEI、ヨミ:ユーイーアイ、本社:東京都文京区、代表取締役社長 兼 CEO:清水 亮)が2013年4月1日に設立した学術研究機関「UEIリサーチ」(所長:西田 友是 東京大学名誉教授)は、世界最大のコンピュータグラフィックスカンファレンス「SIGGRAPH 2014」において、Technical Paper部門で1件、ポスター部門で6件発表し(うち1件はEmerging Technology部門でも発表)、さらに同時開催の「SAP 2014」でも発表いたします。

・「SIGGRAPH 2014」
http://s2014.siggraph.org/

・「ACM Symposium on Applied Perception (SAP) 2014」
http://sap2014.cs.mtu.edu/


 2014年4月には「EUROGRAPHICS 2014」でも発表しており、「研究者の夢」とも言われているCG分野のトップカンファレンス(SIGGRAPHとEUROGRAPHICS)での発表を、UEIリサーチは設立1年あまりで達成することができました。
 現時点でポスター論文も含み23編もの論文が採択されています。

・「EUROGRAPHICS 2014」
http://eg2014.unistra.fr/

 これらの研究発表のいくつかはポスター展示や動画上映として、8月23日に開催される「夏だ一番!電脳空間カウボーイズ祭り」でもご覧いただく事ができます。

・「夏だ一番!電脳空間カウボーイズ祭り」
http://peatix.com/event/40509/


■UEIリサーチ設立趣旨
 民間企業が専門のCG研究機関を設置する例は、ディズニーリサーチ、マイクロソフトリサーチなど海外では例がありますが、日本のベンチャー企業では唯一の専門研究機関となります。UEIがこうした専門研究機関を設置する意図は、スマートフォンやタブレットデバイスの高性能化によって高度なCG技術がスマートフォン/タブレットのユーザーインターフェースの世界にも入り込んで来ることを見越し、国際競争力を確保するためには積極的な特許戦略を考慮していく必要性を背景としています。
 西田氏が考案した「ラジオシティ法」は、今や全てのコンピュータグラフィックス作品やゲームソフトに用いられている基盤技術であり、豊富な経験を背景として今も精力的な研究活動を続けています。こうした西田氏の研究活動とUEIの技術とが結びつき、お客様に新たな価値を提案していく狙いがあります。
 UEIリサーチの設置により、海外への積極的な論文発表や、enchant.jsの強化を行い、最先端の研究成果を製品開発にフィードバックしていきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング