空気の専門家ダイキン工業の空気の悩みを解決するWEBサイト「空気の困りごとラボ」第2弾「快眠」編を8月8日(金)に公開

@Press / 2014年8月12日 15時0分

【図1】空気の困りごとラボ「快眠」TOPページ
空気の専門家であるダイキン工業が、季節毎の空気の困りごとに関する対策法を紹介するWEBサイト「空気の困りごとラボ」にて、第2弾『快眠』編を8月8日(金)に公開致しました。夏本番を迎え、日中の暑さもさることながら、夜の気温も下がらない「熱帯夜」で睡眠不足で頭も身体もお疲れモード。そこで、ダイキン工業や専門家から夏の熱帯夜に負けない快適な睡眠術を紹介します。

【図1】空気の困りごとラボ「快眠」TOPページ
http://www.atpress.ne.jp/releases/49796/img_49796_1.jpg

「空気の困りごとラボ 快眠編」
http://www.daikin.co.jp/air/knowledge/labo/


■熱帯夜の睡眠不足
夜になっても温度が下がらず、寝苦しい熱帯夜が近年多くなっています(図2)。特に都市部では、熱帯夜が増加傾向にあります。人は、夜に体温が下がり入眠しやすくなるといわれていますが、熱帯夜では体温がうまく下がらないために、寝付きが悪くなります。睡眠不足になると、日中のエネルギー不足を起こすとともに、自律神経の乱れの原因にも。

【図2】東京と大阪の熱帯夜日数
http://www.atpress.ne.jp/releases/49796/img_49796_2.jpg


■知ってる?睡眠って?熱帯夜でも快適に寝られる方法って?
<夏の睡眠の困りごと(一部抜粋)>
・睡眠時のエアコンの正しい使い方がわからない!
調査によると、約90%の人が寝苦しい夜の対処法にエアコンを選び、眠っているときに毎日エアコンを使用する人は約半分(図3)。一方で、夏の就寝時、エアコンのタイマーが切れた時に「目を覚ましたことがある」と回答した方は7割以上(図4)。しかし、タイマー設定せず、エアコンの設定温度を必要以上に低くしたまま眠ってしまうと、寝冷えをひき起こす可能性も。寝冷えは、とくに明け方の低体温時における着衣の状況や就寝環境が原因で起こります。

【図3】寝苦しい夜の対処法
http://www.atpress.ne.jp/releases/49796/img_49796_3.jpg
【図4】エアコンのタイマー設定
http://www.atpress.ne.jp/releases/49796/img_49796_4.jpg

<困りごとの解決法(一部抜粋)>
・そよ風を作る
扇風機の風を壁にあてることで、そよ風気流(「間接気流」)を作ることでき、寝ている間に汗をかいても湿度が低くすぐ乾きます。さらに外気温が下がっても壁はなかなか冷えないので、部屋だけでなく、壁も冷やすと涼感もアップ(図5)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング