オーディオ愛好家や楽器練習室施工主の悩みを解決 住宅防音協会の入会説明会を9月9日から全国4都市で開催

@Press / 2014年8月19日 9時30分

一般社団法人日本住宅防音協会(所在地:東京都港区)は、住宅防音の知識や施工技術の向上を目的とし、発足しました。協会の立ち上げに伴い、入会者を募集するため、『一般社団法人日本住宅防音協会 入会説明会』を2014年9月9日(火)~19日(金)に東京・大阪・福岡・岡山にて開催致します。
当協会は、建築業者だけでなく楽器店やオーディオ店など防音工事に興味がある企業・個人事業主の方の入会も広く受け付けております。

一般社団法人日本住宅防音協会・説明会詳細
http://rd-co.jp/


■協会会員募集の背景と趣旨
2003年から2013年までの10年間、毎年15,000件前後の騒音苦情が自治体に寄せられています(※1)。工事・建築作業や道路の騒音への対策はいくらかとられているものの、生活騒音やその他の騒音への対策はとられておらず、騒音苦情はなかなか減りません。また、防音工事の基準が定められていないため、工事を行っても防音性能へのクレームが発生することもあります。
外からの音だけでなく、中からの音にも防音(遮音)が必要となる場合があります。調査によると音楽好きの人の8割が自宅で音楽を楽しんでおり(※2)、中には良い音で音楽を聞くことを趣味としている“オーディオマニア”と呼ばれる人もいます。しかし、遮音のされていない部屋ではスピーカーの音量が気になり、音楽を十分に楽しむことができません。また、楽器演奏者も同様です。子どもに人気の習い事2位はピアノですが(※3)、やはり遮音のされていない部屋でピアノを弾いてしまうと近隣住民の迷惑となる恐れがあるため、家で練習ができないという人も少なくはありません。
さらに、防音が十分でないことを理由にオーディオや楽器を買えない・買わないことは楽器・オーディオメーカーや販売店へ経済的な影響を与えてしまいます。
当協会では、防音工事における工事クレームの事前回避方法やビジネス的観点からみた有益性の説明を行うこと、全国の会員で防音工事ノウハウを共有することによる防音工事のスキルアップ・提供拡大を目的として当協会会員を募集致します。

※1 「平成24年度騒音規制法施行状況調査」(環境省) 2014年1月
※2 「音楽鑑賞に関する調査」(株式会社クロス・マーケティング) 2014年2月
※3 「2013年 習い事ランキング」(ケイコとマナブ.net)


■一般社団法人日本住宅防音協会 入会説明会 概要
内容  :一般社団法人日本住宅防音協会の設立趣旨、
     防音工事に関する質疑応答

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング