-【世代別編】高級ブランド品に関する価値観調査2014年-バブル世代とイマドキ世代を徹底比較 ブランド時計にかける予算に13万円以上の大きな差

@Press / 2014年8月19日 9時30分

イマドキ(20代、30代)調査結果
日本最大級のリユースデパートを展開する株式会社コメ兵(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:石原 卓児、以下「コメ兵」)は、ブランド品に興味があるバブル世代(45~49歳)、イマドキ世代(20~39歳)の506人に対してオンラインアンケート調査を行い、その調査結果を、1枚の絵で楽しく分かりやすく解説する「インフォグラフィック」としてまとめ、下記のwebページで公開しました。

バブル世代のブランド価値観 公開URL
http://www.komehyo.co.jp/research/brandhikaku/bubble.html
イマドキ世代のブランド価値観 公開URL
http://www.komehyo.co.jp/research/brandhikaku/imadoki.html


【調査トピックス】
(1) 普段持ち歩くアイテムの中で「これだけはブランド品にしたい」と思うもの、1位は世代を問わず「時計」
(2) ブランド時計にかける予算、バブル世代とイマドキ世代で13万円以上の大きな差
(3) ブランド品に対する「憧れ」の強さは、イマドキ世代がバブル世代を12.1ポイント上回る
(4) 中古のブランド品「購入経験」があるイマドキ世代は、バブル世代の約1.5倍
(5) 中古のブランド品を「プレゼントしたことがある」イマドキ世代は、バブル世代の2倍以上


【調査トピックス別 考察】
(1) 普段持ち歩くアイテムの中で「これだけはブランド品にしたい」と思うもの、1位は世代を問わず「時計」
(2) ブランド時計にかける予算、バブル世代とイマドキ世代で13万円以上の大きな差

バブル世代もイマドキ世代とも、1位は「時計(バブル世代 62.3%/イマドキ世代 46.8%)」となり、バブル世代は半数以上、イマドキ世代の半数近くが「時計」に回答が集中しました。また、自分でブランド時計を購入する時の予算では、バブル世代は314,817円、イマドキ世代は176,088円と、13万円以上の大きな差をつけてバブル世代の予算が上回りました。その他、バック(バブル世代 118,725円/イマドキ世代 95,188円)、財布(バブル世代 49,405円/イマドキ世代 54,254円)に関しては、そこまで大きな差が出ていないことから、バブル世代は高級時計を手に入れることがステータスだと考えているようです。

(3) ブランド品に対する「憧れ」の強さは、イマドキ世代がバブル世代を12.1ポイント上回る

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング