アリスタネットワークス 業界初の100GbEアップリンク リーフ・スイッチを発表 EOS(R) Smart System Upgradeでヒットレスのネットワーク・アップグレードを実現

@Press / 2014年8月19日 14時0分

アリスタのリーフ/スパイン 2階層ネットワーク・アーキテクチャ
カリフォルニア州サンタクララ発 - アリスタネットワークスジャパン合同会社(本社:豊島区)は、2014年8月19日(火)ボックス型リーフ・スイッチの7280Eシリーズを販売開始します。また、Arista EOS(R)のモニタリング機能とオートメーションの強化も併せて発表します。SDCN(Software Driven Cloud Networking)にさらなる進化をもたらします。今回発表した新シリーズのスイッチは、ウルトラ・ディープ・パケット・バッファと100GbEアップリンクを備え、アプリケーションのパフォーマンスを向上しながら、ネットワークの耐障害性、プログラム性、可視性を高めます。

※本リリースは2014年7月15日 米国発プレスリリース抄訳に日本独自の情報を加えたものとなります。

EOS(R) Smart System Upgrade(SSU)は、スパイン・スイッチとリーフ・スイッチの両方で使用できるようになりました。エンタープライズのネットワーク全体でヒットレスのソフトウェア・アップグレードが可能です。EOS(R)を通じたオートメーションによって、計画的ダウンタイムが不要となり、社内アプリケーションでも24時間365日のクラウド級の稼働を実現できます。


■ストレージとビッグデータに最適
7280Eシリーズは、アリスタのリーフ・スイッチのラインナップを強化する製品です。トップオブラック型の一般的なスイッチと比べて1,000倍のパケット・メモリを備えています。この処理能力を生かしてネットワークの輻輳に対処できることから、IPストレージ、ビッグデータ、ストリーミング動画などの重要なワークロード向けに、損失の少ないネットワークを実現できます。すべてのアリスタ製品で同一のバイナリ・イメージのEOS(R)が動作します。また、これらの新しいプラットフォームは、VXLAN、LANZ、DANZ、アリスタのトレーサをサポートしています。こうしたことから、企業の認定と全体的な運用コストを抑制できます。


■eBayのマーケットプレイスおよびPayPalのシニア・マネージャー Russ McElroy氏コメント
「eBayのストレージ環境は、ネットワークへの負荷が大きく、この独自の要件を満たす設計のスイッチが必要です。Arista 7280E 10/40/100GbEシステムは、ウルトラ・ディープ・バッファを備え、ストレージなどの高負荷のワークロード向けに最適化されています」

@Press

トピックスRSS

ランキング