受託分析サービスのMST、大阪支所を開設

@Press / 2014年8月15日 12時0分

MST大阪支所 地図
 受託分析を行う一般財団法人材料科学技術振興財団(本部:東京都世田谷区、理事長:沖村 憲樹、以下 MST)は、関西・西日本エリアのサポート強化を目的とした支所を大阪に設立いたしました。開所日は、2014年8月18日(月)です。


(1) 支所設立の目的
 MSTは、受託分析サービスを事業とし、半導体・電気・医薬品メーカー等の研究開発を行う企業や大学を対象に展開しております。
今回設立した大阪支所では、受託分析サービスの相談窓口を設け、関西・西日本エリアの企業や大学へ地域密着型サポートをご提供いたします。


(2) 大阪支所の概要
名称 :MST大阪支所
所在地:大阪府大阪市淀川区宮原4-1-9 新大阪フロントビル7F
電話 :06-6392-2700
開所日:2014年8月18日(月)


(3) MSTの概要
 TEM・SIMS・XRDなど最新の分析装置を世田谷区のラボ内に多数保有し、分析のご要望にお応えします。半導体・金属・電池などのエレクトロニクス分野、医薬品・化粧品・食品などのライフサイエンス分野に幅広く対応しております。「組成・形状評価」「製品調査」「信頼性評価」「故障解析」など、分析の目的に応じた分析プランをご提案しております。

商号    : 一般財団法人材料科学技術振興財団
代表者   : 理事長 沖村 憲樹
所在地   : 東京都世田谷区喜多見1-18-6
設立年月  : 1984年8月
主な事業内容: エレクトロニクス材料・化学材料の受託分析サービス
URL     : http://www.mst.or.jp/
E-mail   : info@mst.or.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング