【使わずに“眠っている古(コ)スメ数“とライフスタイルに関する実態調査】全体平均7.4個に対し、メイク大好き女子は平均15.5個と約2倍。最も多い人で84個も!古(コ)スメの多さは、向上心の証!?メイク大好き女子は、恋愛、仕事、経済状況まで大きく充実

@Press / 2014年8月19日 11時0分

メイク好きとライフスタイル充実度の相関性
ノエビアグループ常盤薬品工業株式会社(本社:東京都中央区)のメイクアップブランド『エクセル』は、人気のアイシャドウ「ファイブレイヤーズシャドウ」の新色発売と、それに伴う秋のトレンドメイク体験イベント(9月3日~7日)開催に先立ち、18~34歳の女性1,000名を対象に、自宅の化粧台やポーチで「使わずに“眠っている古(コ)スメ数”とライフスタイル」に関する実態調査*1を行いました。

*1 調査期間:2014年8月2~3日、調査方法:インターネット調査、調査対象:一都三県(東京、神奈、千葉、埼玉)、18~34歳の女性 1,000名

<調査結果トピックス>
1.使わずに眠っている古(コ)スメ数は、全体平均7.4個に対し、メイクが大好きな女の子の平均は15.5個と約2倍。最も多い人で、84個も!
2.眠っている古(コ)スメのアイテム別ランキングは、1位:アイシャドウ 2位:リップ 3位:ベースメイク
3.メイクが大好きな女の子は、恋愛や仕事、友人関係、経済状況に至るまで、平均に大きく差をつけて充実度が高い。掃除や整理整頓が得意という傾向も。

<調査結果>
1.使わずに眠っている古(コ)スメ数は、全体平均7.4個に対し、メイクが大好きな女の子の平均は15.5個と約2倍の結果に。最も多い人で84個というツワモノも。

ベースメイクやチーク、アイシャドウなど、カラー系のコスメアイテムについて、化粧台やポーチの中で使わずに眠っているアイテムの数をカウントしました。
今回調査した18~34歳女性1,000人の平均が7.4個であったのに対し、メイクが大好きと回答した女の子(14%)の平均は15.5個と約2倍も使用せず眠らせていることがわかりました。

2.古(コ)スメのアイテム別ランキングは、1位:アイシャドウ、2位:リップ、3位:ベースメイク

アイシャドウは、「よく使う色が変わった」「持っていた色がトレンドではなくなった」など、季節や流行に合わせて使いたい色が目移りしたり、「変わった色を買ったが結局使っていない」など、新しい色にチャレンジしたものの出番が少なく眠ってしまっている様子がうかがわれました。アイシャドウが、トレンドのメイクを実現したり、気分を変えるために必須のアイテムであることの裏返しとも考えられる結果です。
リップに関しては、「季節の新色を試したくなる」、「色が合わなかった」などアイシャドウと同様の傾向が見られることに加え、「なかなか減らない」という使い切れない様子や、「失くしたと思って出先で買い足す」といったサイズの小さいリップならではの回答も見られました。
一方、ベースメイクでは、「肌の色と合わなかった」「崩れる」「より良いものを見つけたので」など、気に入る肌の仕上がりを求めて新しいものに手を出した結果のようです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング