マイク1本、10分間で500人を感動させたら100万円!! 第5回「全国・講師オーディション」開催のご案内

@Press / 2014年8月26日 12時0分

審査委員長 大谷由里子
講演、研修、セミナー等を通じた人材育成の支援を行う有限会社 志縁塾(所在地:東京都中央区、代表取締役:大谷由里子、URL: http://www.shienjuku.com/ )は、9月20日(土)ヤクルトホール(東京都港区)にて『第5回 全国・講師オーディション~100年後に残したい話~』(通称:S-1グランプリ)を開催致します。グランプリ賞金100万円の本講師オーディションは、日本初の取組みとしてカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社運営の「TSUTAYAビジネスカレッジ」と共同し、5年前にスタートした企画です。

S-1グランプリ公式サイト
http://www.shienjuku.com/cat/1306_audition/ippan.html


■『講師力』はライブで!
ライブといっても、歌でも音楽でもお笑いでもありません。ひたすら自分の『志』をマイク1本で10分間『講演』し、人を感動させること。全国予選を勝ち抜いた10名のファイナリストが、優勝賞金100万円を目指します。世の中には講師を生業とする人が数多く存在します。その中には小手先のテクニックや会話術を用いて耳に心地よい話をする「自称・講師」も多く、本来の「人の内にあるパッションを言葉に変えて人を感動させる」ことができる「本物の講師」はそう多くありません。編集の効かない『ライブ講演』で、その場にいる500名の来場審査員を感動させることができる「本物の講師」は誰なのか?10名が最後の舞台に上がります。


■イベント開催概要
イベント名:第5回 全国・講師オーディション~100年後に残したい話~
日程   :2014年9月20日(土)13:00~17:30(開場 12:30)
会場   :ヤクルトホール(JR新橋駅スグ)
      東京都港区東新橋1-1-19
出場者  :予選を通過した10名
選考方法 :本選当日、会場審査員の投票により決定
賞金   :グランプリ獲得者へ賞金100万円
観覧者定員:審査員500名
参加費  :学生1,000円、大人3,000円(共に税込)
審査委員長:大谷由里子
主催   :有限会社 志縁塾
共催   :S-Collection株式会社
協力   :フジサンケイビジネスアイ
後援   :TSUTAYAビジネスカレッジ


■大谷由里子(おおたに ゆりこ)プロフィール
吉本興業では、故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井小づえ・みどりなどを世に出した伝説のマネージャーとして知られる。また、ナインティナインや雨上がり決死隊の売出しにも力を発揮したプロデューサーとしても知られている。2003年、研修会社の志縁塾(しえんじゅく)を設立。「笑い」を用いたユニークな「人材育成法」は、NHKスペシャルなど数々のメディアで取り上げられ、話題となっている。法政大学大学院・政策創造研究科に在学中。


■過去のオーディション受賞者
<第3回グランプリ受賞 山崎清治氏>
イジメや引きこもり、メンタルヘルスなど、社会の課題を事業により解決する「社会起業家」として著名。毎年無人島1週間「自給自足プログラム」を小中学生向けに企画し、命をテーマに社会教育を行っている。また、大人向けには、「150キロ歩行・横断プログラム」や若者による災害支援活動をプロデュースしている。

~オーディションに参加した感想~
自分の講演について、どれだけ可能性があるのかを考える良い機会となりました。そして講演の深さについても知る事ができました。また、他の講師の方々や様々な業界の方との出逢いが何よりの糧となりました。今でもその出逢いが新たな出逢いを呼び、一気に世界が広がりました。


■有限会社 志縁塾について
「志」のある人を作る。「志」のある人を「縁」で結ぶ。「志」のある人を「支援」する。志縁塾は、そんな「思い」から立ち上げられた研修会社です。志縁塾の講師に求められるのは「個性」と「情熱」。日常の実体験から得られた旬な「気づき」を、誰にでも持ち帰って頂けるよう体系立てたノウハウや、スグに使える技術として、目に見える「使える形」に置き換えてお届けしています。

■企業概要
法人名 : 有限会社 志縁塾
所在地 : 東京都中央区京橋2-11-5 パインセントラルビル2F
代表  : 代表取締役 大谷由里子
設立  : 2003年3月28日
資本金 : 2,800万円
事業内容: 講演、研修、セミナー等を通じた人材育成の支援
URL   : http://www.shienjuku.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

第3回グランプリ受賞 山崎清治氏

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング