文献登場から900年目を迎える“かまぼこ”で食育 全国幼稚園キャラバン「元気モリモリかまぼこ体操イベント」を山口で開催

@Press / 2014年8月28日 10時30分

カマピー&チックル
全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会・全国水産煉製品協会(代表理事会長:鈴木 博晶、以下 全国かまぼこ連合会)は、東北復興支援の一環とした昨年度の宮城県に引き続き、今年度は2014年9月9日(火)・10日(水)に、山口県内の4つの幼稚園・保育園(下関市、宇部市)にて『元気モリモリかまぼこ体操イベント』を開催いたします。

全国かまぼこ連合会ホームページ: http://www.zenkama.com/


■開催背景 ~ かまぼこの名産地・山口でさらなる普及を ~
現在、日本の伝統食であるかまぼこの食シーンは減少しており、その影響から、かまぼこが魚からできていることすら知らない子どももいるという現状があります。そこで、全国かまぼこ連合会は、全国かまぼこ連合会キャラクター『カマピー&チックル』(※1)とかまぼこに関する体操やクイズに親しみながら、かまぼこについてより知ってもらう機会として本イベントを開催しております。

今回の開催地・山口県はかまぼこの名産地、かつ、『カマピー&チックル』のふるさとでもあり、全国かまぼこ連合会にとっても馴染みの深い県です。今回のイベントを通し、地元の方に対し、かまぼこをより普及していくきっかけを提供することを目的としています。

イベント実施幼稚園に関しては、6月に山口県内の約100園に『元気モリモリかまぼこ体操DVD(※2)』と共にアンケートを郵送し、募集致しました。その応募園の中から抽選によって決定した4園でのイベント実施となります。


■『元気モリモリかまぼこ体操』イベント概要
内容:水産ねり製品に関するクイズ・体操イベント
目的:(1) 親子に向けた かまぼこ・水産ねり製品の普及啓発
   (2) 園児が身体を動かす教材・園児の健康増進として(食育)
日時:2014年9月9日(火)・10日(水)
場所:山口県内幼稚園・保育園(4園/下関市、宇部市)
主催:全国かまぼこ連合会


■今後の展望 ~ かまぼこの歴史900年に寄せて ~
来年2015年、かまぼこは900年(※3)を迎えます。今後も全国かまぼこ連合会は、「かまぼこ製品をみなさまにもっともっと知っていただき、ぐんぐん健康になってほしい」と願いながら、カマピー&チックルとともにかまぼこ製品の普及に努め、来年以降も他県の幼稚園・保育園を対象にイベントを実施します。


(※1)全国かまぼこ連合会 キャラクター『カマピー&チックル』
<カマピー(かまぼこ)>
誕生日:11月15日(かまぼこの日)
性格 :温厚で粘り強くコシが強い。
特徴 :色白でとっても照れ屋、照れると赤くなる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング