医療現場のヒヤリ・ハットは過半数が医薬品投与に関するエラー 医療スタッフと学生向け 「薬の計算力を鍛える」iOSアプリ発売

@Press / 2014年8月21日 10時0分

医薬品投与量“計算脳”トレーニング110
株式会社メディカ出版(所在地:大阪市、代表取締役社長:長谷川 素美、以下 メディカ出版)は、医療現場で使う薬剤の計算力を鍛えるためのiOSアプリ「医薬品投与量“計算脳”トレーニング110」を発売しました。

「医薬品投与量“計算脳”トレーニング110」iTunes URL
https://itunes.apple.com/jp/app/id903007500


■「医薬品投与量“計算脳”トレーニング110」開発の背景
近年、医療現場のインシデント報告の過半数を占めるのが、医薬品投与に関する「メディケーション・エラー」です。そのほとんどが「点滴・注射」と「与薬」に関連するものであり、原因の一つに「投与量の計算が正確にできない」ことが挙げられます。
また、国の「チーム医療推進」により多職種連携が進む昨今、医師・薬剤師・看護師の誰もが「正しい医薬品投与の知識・技術」を習得する重要性はますます高まっています。

メディカ出版ではこのニーズに応え、書籍『医療スタッフと学生のための医薬品投与量“計算脳”トレーニング:現場で使う“薬”の計算力を強化する』(2013年10月、メディカ出版)をベースに、若い医療スタッフや学生がiPhone、iPod Touch、iPadで、楽しみながら手軽に「薬の計算力を鍛える」アプリを開発しました。

※インシデント:誤った医療行為などが患者に実施される前に発見できた事例、
        または誤った医療行為などが実施されたが結果として
        患者に影響を及ぼさずに済んだ事例
※メディケーション・エラー:薬剤投与に関連したミス


■「医薬品投与量“計算脳”トレーニング110」の特長
<4択クイズに答えて計算マスターに! ※お試しコース(10問無料)>
内用剤・外用剤・注射剤(小児含む)の計算を、4コース全110問収載。
基本の「き」からゲーム感覚で学習を繰り返すことで、医療現場で最低限必要な計算力が身につきます。

<「計算脳ツール」と「医療安全コラム」 ※無料>
現場スタッフの投票で選んだ『コレは使う!の計算式』ベスト10を収録。
医療安全に関する古川 裕之先生のコラムも定期的に配信予定です。

<場所・場面を選ばず手軽に読める電子書籍 ※無料立ち読み>
書籍『医療スタッフと学生のための医薬品投与量“計算脳”トレーニング』が読める電子書籍付。
コンパクトに持ち運べるから、いつでもどこでも手軽に読めます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング