ヤマハ、プリメインアンプ『A-S801』『A-S501』『A-S301』3機種を新発売

@Press / 2014年8月26日 13時30分

『A-S801』イメージカット
株式会社ヤマハミュージックジャパンは、アナログ音源から最新のハイレゾ音源まで、あらゆるオーディオソースを高純度な音質で楽しめる、USB DAC機能搭載プリメインアンプ『A-S801』を10月中旬より、D/Aコンバーター内蔵プリメインアンプ『A-S501』『A-S301』を9月下旬より、それぞれ全国で発売いたします。


<A-S801/S501/S301 製品の概要>
今回発売する『A-S801』『A-S501』『A-S301』は、伝統の“ToP-ART”思想に基づく高音質ディスクリート構成パワーアンプ、USB DAC(A-S801)、光/同軸デジタル音声入力端子、Phono(MM)を含む6系統のアナログ音声入力端子などを装備し、最新のハイレゾ音源からレコードプレーヤーをはじめとするアナログ音源まで、あらゆるオーディオソースを高純度な音質で楽しめるステレオプリメインアンプです。このうち、上級機の『A-S801』には米国ESSテクノロジー社製の「SABRE 32」D/Aコンバーター(ES9010K2M)を採用したDSD5.6MHz(DSD128)ネイティブ対応、384kHz/32bit対応(*)の高性能USB DAC機能を搭載。また『A-S501』『A-S301』にはバーブラウン192kHz/24bit対応D/Aコンバーターを搭載し、光/同軸デジタル出力を備えたオーディオ機器やテレビ、ビデオゲーム機、パソコンなどをデジタル接続して手軽に高音質化できます。

(*)Windows(R)パソコンからUSB端子への入力時のみ。Macでは24bitまでの対応となります。


<A-S801/S501/S301 主な特長>

1. DSD5.6MHzネイティブ&PCM384kHz対応のハイグレードUSB DAC機能
『A-S801』には、米国ESSテクノロジー社製の32bit・2ch仕様高性能D/Aコンバーター「SABRE 32」(ES9010K2M)、ヤマハオリジナルのUSBデバイスコントローラー、および最新オーディオインターフェース規格「ASIO2.3」準拠のヤマハ・スタインバーグ製ドライバーを採用したハイグレードなUSB DAC機能を搭載。DSD5.6MHz(DSD128)ネイティブ再生や384kHz/32bit再生(*)に対応し、ハイレゾ音源を本来のクオリティで再生できます。フロントパネルには、再生中のデジタル信号フォーマットとサンプリング周波数を示す6ポイントLEDのデジタル信号インジケーターも装備しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング