日経BPコンサルティング調べ― 2020年のICTの在り方に関する調査 ―ユーザーは「クラウドに強い」ベンダーを選び、従来型ベンダーは存在を問われる

@Press / 2014年8月21日 15時0分

図1
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、2020年にかけた企業ICTの利用トレンドと在り方を探るため、システム部門や経営・利用部門の勤務者を対象としたユーザー調査を7月に実施しました(調査概要は下部参照)。
 本調査からは、企業情報システムが機器の所有からサービス利用に移り変わり、クラウドやモバイル利用が更に進展していく様子が伺えました。ICTベンダー企業は過去の利用実績よりも、いかにクラウドに強いかで選ばれるようになります。2020年に活躍しているICTベンダー企業は、アマゾンやグーグルなどを含む外資系企業が上位を独占。従来のICTベンダーの多くはユーザー企業から発注額が減る危険性が浮かび上がりました。以下で主要な結果を紹介します。


【主な調査結果】
●外部利用、モバイル活用、クラウド化が進む
 企業のシステム担当者などに2020年のICT利用と情報システムの在り方を自由記述で尋ねた。回答内容を整理したところ、「外部委託、外部サービスの利用」「モバイル活用」「クラウド化」の3要素が上位に挙がった(図1)。
 ICTの利用状況や今後の利用意向からも、クラウドやモバイル関連に対する関心が引き続き見られた(図2)。クラウドでは、今後はプライベートよりもパブリックの利用意向がやや高い。モバイルでスマートフォン以上にタブレットの利用意向が高く、私物デバイス活用(BYOD)も現在の実施率の倍以上、意向があることが分かった。

図1: http://www.atpress.ne.jp/releases/50070/img_50070_1.jpg
図2: http://www.atpress.ne.jp/releases/50070/img_50070_2.jpg

●過去の利用実績より、コストパフォーマンスやコンサル能力でベンダーを選んでいく
 ICTベンダー企業を選ぶ際の重視点も変わりつつある。これまでは「自社での利用実績」が50%超と最多の重視点だった(図3)。今後は、「コストパフォーマンスが高い」がトップである。加えて、コンサンルティング能力、顧客指向、先進利用事例の提案などが、これまでより重視される。
 上記とは別に、ICTのどのような分野に強いことを重視するかどうかも尋ねた。これまでの最多は「サーバーなどのハードウエア」の48.0%(図4)。ただし、今後は25.9%に減少する。今後大きく伸びるのがクラウド。これまでの12.9%から、今後は3倍以上の39.0%である。「セキュリティ」はこれまでの46.3%から今後は57.4%と引き続き重視される。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング