法曹実務書『要件事実入門』8月21日より紙・電子書籍同時発売 電子書籍サイト「ConTenDo|コンテン堂」にて配信開始

@Press / 2014年8月21日 11時0分

要件事実入門_書影
 デジタルコンテンツビジネスを支援するアイプレスジャパン株式会社(代表取締役:齋藤 隆)は新進の法務関係出版社である株式会社創耕舎(代表取締役:宇野 功)と電子書籍に関連する業務で協業し、要件事実教育に最適な『要件事実入門』岡口 基一(おかぐち きいち)著/マンガ 中村 真(なかむら まこと)を2014年8月21日より紙書籍(※)と電子書籍を同時発売いたします。電子書籍は、当社が運営するサービス「ConTenDo|コンテン堂」において配信します。
 「ConTenDo|コンテン堂」では、EPUB形式で電子書籍の制作を行い、文字サイズを容易に変更できるリフロー型とすることで、スマートフォンやタブレット、パソコンなどにおいて、画面サイズの大小に関わらず利用することができます。
※紙書籍については株式会社創耕舎から発売となります。

「ConTenDo|コンテン堂」URL
http://contendo.jp
『要件事実入門』電子書籍URL
http://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010330BK0022544001/


【株式会社創耕舎代表 宇野 功のコメント】
 「民事訴訟関係の書籍で有名な岡口 基一裁判官が要件事実を学習するため“ツール”を刊行しました。本書は、紙媒体の書籍と電子書籍とを同時に刊行するものです。おそらく、法曹関係の実務書において電子書籍を同時に刊行することは、初めての試みだと思います。書籍のみならず、スマートフォンやタブレット、パソコンを使用して要件事実を学習することが可能となりました。」と株式会社創耕舎 代表の宇野功は述べています。


【要件事実論を取り巻く現状】
 要件事実教育は、2004年の法科大学院の発足以降、主に法科大学院で行われるようになり、司法研修所民事裁判教官室が要件事実論の探究を精力的にすることはなくなりました。現在、要件事実論は、司法研修所民事裁判教官室に代わる中心的な担い手がなく、混迷の中にあります。
 本書は、このような要件事実論を取り巻く現状を踏まえ、初学者向けに作成された要件事実の入門書です。
 本書は、既存の要件事実の入門書の弱点を十分に意識した上で作成されており、いわゆる司法研修所説を丸暗記するのではなく、理屈から学ぶことができるようにしています。新たに要件事実論を学ぼうとする方はもちろん、既存の入門書により、迷いの森の中に入ってしまった方にとっても、有用な書籍と思われます。

@Press

トピックスRSS

ランキング